自転車がちょうどいい

鳥海山麓MTBサイクリング 悪天候で残念ながらショートコースになりましたが結構楽しめました

鳥海山麓MTBサイクリング ('06/10)


その1 前々日まで

7月

王滝(9月)に向けてフルサスMTBを新調したのを記念して、もう一つオフロードのロングライドイベントに参加してみようと思い立ち、このイベントのことを思い出す。

実は、昨年末時点では王滝よりむしろこちらに興味があり、サイスポとファンライドの各12月号で取り上げられたこの大会の記事を読んで、ぜひ出てみたいと思っていた。
特にファンライドはカラーページで、鳥海山や日本海を見渡せる絵に描いたようないい景色や参加者が激坂を押している写真を載せており、とても興味をそそられた。
コースは激坂、一本橋、シングルトラックとバラエティに富んでおり、かつ距離も100kmとアドベンチャー色濃厚とのこと。

昨年はこのイベントの存在自体知らなかったのだが、王滝から3週間空いていて何とか仕事も調整できそうだし、近年体育の日が動いて3連休になったので、気合いを入れれば行けると判断、申込をしておいた。

前々日まで

申込時点ではまだコースが確定しておらず、オフィシャルホームページによると鳥海山麓1週で160kmを検討中とのことであった。160kmというと時速16kmで10時間掛かるわけで、自分に走りきれるか、やや不安になってくる。
9月になって、崖が崩れている等の危険な区間を避けた125kmのコースと発表される。これなら時速12.5kmでも10時間なので、暗くなる前には帰れそうだ。

王滝が終わってしばらくして、事務局から参加案内が届く。
実のところ、王滝が終わってから月末にかけては仕事が忙しい時期で、オンロードの長距離練習もオフロードの練習も各1回ぐらいしかできていない。
それに加えて直前1週間は天気がよくなく、雨や風が強い日は自転車通勤も休みにしたので、走り込み不足は否めない。
しかし、これはタイムを競うレースではなく、途中の時間制限はあるものの、みんなで楽しみながらオフロードを走るサイクリング大会なので、あまりシビアに考えないことにした。

機材のほうは、王滝用に用意した一式をそのまま持って行くことに決める。
公式サイトで昨年の写真を見ると、王滝のようなガレ道は少なそうなので、タイヤのマッチングにやや不安はある。
サスのエア圧は王滝の時より前後とも10PSIずつ上げて行き、タイヤのエア圧は天気を見て判断することにした。

3日前に天気予報を確認すると、前日までは台風の影響で雨と風が強そうで、当日は曇り時々雨になっている。
東北の10月で山の中だと、かなり寒いと想像できるので(自分も東北育ち)、上は長袖・半袖のジャージとアームウォーマ、パンツはショート+レッグウォーマ、インナーは薄め・厚めの両方を用意。
ウィンドブレーカー(袖を外してベストにできるもの)と雨具上下も準備、当日の天気に柔軟に対応できるようにする。

案内によると、食べ物は豊富に提供される(途中ではうどん・おにぎり・ジャージー牛乳・バナナなど、ゴールでは鮭汁と書いてある)とのことなので、補給食はトップテン2本、アミノバイタルゼリー3個、パワージェル3個に絞る。

前々日、昼休みにそれまで手配していなかった宿を探しだして電話予約したのち、夕方はいつもより早めに切り上げて帰宅。
夜のうちに荷物の積み込みを済ませ、翌朝すぐ出られるようにしようと思ったのだが、強烈な雨と風で断念し、9時に床につく。