自転車がちょうどいい

鳥海山麓MTBサイクリング 悪天候で残念ながらショートコースになりましたが結構楽しめました

鳥海山麓MTBサイクリング ('06/10)


その2 前日〜当日

前日

4時に起床、バナナと牛乳で軽く朝食をしてから、用意しておいたMTBとかごに入れたその他一式を積み込み、5時前に出発。
受付には14時までに行くことになっている。象潟までは計算上8時間ぐらいで着くはずで、王滝と違って高速道路の割合が高いし(酒田まで高速と自動車専用道路)、9時間あれば余裕だろうと思っていたところが大誤算。

その日の東北地方は大荒れの天気で、東北道で1回、山形道で1回、高速が通行止めになってしまった。
それぞれ一般道へ降りるための出口渋滞がひどく、どんどん時間が経過していく。

福島で高速を降ろされたところで、これでは14時に間に合わないと判断。
国道4号線沿いのコンビニに車を駐めて事務局へ電話を入れたところ、「多少遅れても受付できますから気をつけて来てください」というお言葉を頂く。
その暖かい東北弁に少しホッとしながらも、休憩をトイレのみにして急ぐ。

結局着いたのは15時半近くで、約1.5時間の遅刻。
自分以外にも遅れてきた人がかなりいたようで、受付では「17時から2回目の説明会をやるのでそれに出てください」と言われる。

懇親会の会場になっている体育館へ行くと、14時半から始まったはずの懇親会は佳境、参加者たちはイカの刺身と鮭の炭火焼を肴にビールを飲んで盛り上がっている。そこに素面で混じっていくのは何だか気まずかった。

懇親会の最後のほうに抽選会があった。残念ながら自分は参加賞のタオル(スペシャのロゴが入ったもの)だけだったが、参加者の数に比べて当たり本数が多く、賞品も「ひとめぼれ30kg」や地酒などの地産品から、スペシャライズド(スポンサー)提供の自転車やウェアまでと幅広い。

17時からの説明会(2回目)では、公道を走るので交通法規を厳守という注意があった。
毎年徐々に実績を積み重ねてきたが、来年は警察3署の協力を得て160kmを実現したい、もし事故を起こしたら来年できなくなるので、とのこと。
また、悪天候の場合は山岳コースをカットした1週35km強のショートコースに変更、70km参加者は1週、125km参加者は2週とする、その場合スタート時刻を1時間遅らせる、決定内容のアナウンスは午前5時からスタート地点で、とのこと。

説明会が終わると、その前日に予約した宿に向かい、食事を済ませてから温泉で長時間運転の疲れを癒す。9時に就寝。

当日朝

3時半に起床。例によってバナナ・パン・野菜ジュース等で朝食を済ませてから、着替えをし、心拍センサーを装着。
ハイドレーションには水1リットル+CCD2袋を入れ、もしも足りなくなったらエイドステーションでもらうことにする。
外を見ると雨と風が強そうなので、雨具上下を付けてから、玄関を出て駐車場へ。

宿からスタートの象潟港までは車で3分ほど、4時半に着いてMTBの準備開始。
折からの悪天候、しかもすぐそばが海なので、塩の粒を伴った強い風に飛ばされそうになりながら、ライト片手にホイール・サドル・GPSなどを装着していく。

ちょっと目を離していたら、突風に煽られてMTBごと倒れてしまった。起こしてみるとハンドルがフレームと垂直から大きく左にずれている。
こんなに曲がるとはおかしいなと思って確認すると、ステムのボルトが少し緩んでいた。
ハンドルを戻してから増し締め。非常に重要なところの点検を忘れていたので、突風には感謝。

スタート地点に行ってみると、やはりショートコースに変更とのアナウンス。
開始が5時半から6時半に変更されたので、一度車に戻って暖を取る。

スタート〜1周目

スタート

6時にスタート地点へ戻る。他の参加者も徐々に集まりだした。
時折突風が吹いており、雨は降ったりやんだりだが時々強烈に強くなる。
服装の判断が難しいところだが、考えた末に雨具上下は付けたまま出発することにした。

6時半に最初の組が出発。約240人が5分おきに30人ずつウェーブスタートしていく。自分は2番目のBグループで、6:35にスタート。

あぜ道

王滝100kmで7時間切れそうなハイペースで飛ばしていく人が若干名いるほかは、比較的のんびりしたサイクリングモード。
周回コースに変更されたので、1週目は側の人に声を掛けてみたり、路面状況や景色のよいところを確認したりしながら、ややゆっくりめに進んでいく。
心拍数は平坦で140近辺、上りでも150近辺と控えめ。

稲刈りが終わった田んぼのあぜ道や舗装路を通って、山へアプローチする。
雨は一瞬あがったかと思わせておいて、強い風と共に急にやってきたりするので、やや暑くなってきたが雨具を脱ぐ気になれない。
今日は残念ながら雲が分厚く、楽しみにしていた鳥海山がはっきりとは見えない。

林道1

林道のダブルトラックへ入ると、強風が遮られてほっと一息。
轍は水溜まりになってドロドロ、中央は王滝とは違って草むらになっている。
試しに中央へ出てみると、濡れた草はつるつるで、特に落ち葉が被った所は全くグリップしないので危険。ドロドロの方を選んで進んでいく。
しばらくは上り基調だが、水溜まりを避けながら走っていくのが結構面白い。標高はまだ低いので林には落葉樹の割合が高く、雨を浴びた木々からの緑の匂いが心地よい。

一度舗装路に出た後、再び林道へ。今日は天気が悪いので薄暗いものの、前が見えないほどではない。
所々やや急な上りもあるが、後輪がスピンしないよう体重配分に少し気をつければこなせる範囲。

通算20km弱を走ったところに山小屋のような建物があり、そこがチェックポイント兼エイドステーションになっている。
自己申告制のチェックポイントでゼッケン番号を告げてからトイレに行き、他の参加者と雑談しながらバナナと水を補給して、再スタート。

この後は小刻みなアップダウンのあるダブルトラック・シングルトラックに入る。
体重移動とハンドル操作で、水溜まりや風で落ちた枝を避けながら下るのが面白くなってくる。
王滝はどちらかというと上りっぱなし・下りっぱなしが多いので、メリハリはあるがこれほど走って面白くはなかった。

竹谷選手

相変わらず気持ちのいい緑の匂いを感じながら、平坦に近いダブルトラックを走っていると、白いナショナルチャンピオンジャージに身を包んだ竹谷選手が「お疲れさま〜」と声を掛けながら、右側を高速で駆け抜けていく。
全員がスタートしてから出発して、しかもエイドステーションで参加者とおしゃべりしていたはずなので、そのペースはやっぱり驚異的。

しばらく走っていると、緑の匂いに少し海の香りが混じってくる。
ひと山越えると、海が見下ろせる丘のようなところに出る。「これは去年の自転車雑誌に出ていた、絶景ポイントのアングル!」とピンと来た。
しかし、どんより曇っていてコントラストがはっきりしない。やや残念。

その後は、もと来た田んぼのあぜ道や舗装路を使ってスタートの象潟港へ戻る。
バーコードチェックを受けて1週目終了。手元の時計で9時、所要時間は2時間25分。
125km参加者は前半スタートの組で5〜6人、後半スタートの組で2〜3人ずつ通過しているようで、自分は真ん中よりやや速い程度のペースらしい。
トップテンを1本飲み、雨具の下に付けていたウォーマー類を外してから2週目に向かう。

2週目〜ゴール

1週目を終えてスタート地点に戻ってくる参加者とすれ違いながら、山へ戻っていく。

悪天候の中、雨具を来て「頑張ってください!」と声を掛けながら丁寧に案内をしてくれるボランティアの人たちに感謝の気持ちを伝えたくなり、「お疲れさまです」「ありがとうございます」と言いながら進んでいく。

林道2

2週目は参加者がばらけてしまい、田んぼの真ん中でも他の参加者が視界に入るぎりぎり、林道では完全に自分1人ということもあった。
山の中で聞こえるのは、タイヤが泥道を転がっていく音と、木々を抜けてくる風の音のみ。
会話ができず寂しいことは寂しいが、自然との対話というか、自分との対話というか、なんだか非日常的な不思議な感覚は、意外に心地よい。

ようやく人が沢山いる場所に行けたのは、1週目と同じ場所にあるエイドステーション。
本来他のエイドステーションに点在するはずだった食べ物が、コース変更でここに全部運び込まれたようだ。
ここでおにぎりとジャージー牛乳を頂いてから、時間に余裕があるのでうどんもごちそうになっていくことにする。

小屋に入ると6〜7人の参加者がうどんを食べながら話をしていて、そこに混ぜてもらう。
みな顔や服が泥だらけなのだが、別に気にもしない。東京から来た人もいれば、地元に近い山形・宮城の人もいて、関東近辺のイベントとはかなり構成が違って面白い。
宮城から来た人は、「東北にはこういうイベントが少ないので貴重なんです。」と話していた。宮城や岩手にも山は結構あるので、あとは企画とスポンサーの問題かもしれない。

海が見えてきた

後半のダブルトラック・シングルトラックでは、1週目よりも遊ばせてもらう。
上りをダンシングで行ってみたり、下りのスピードを速めにしてワインディングを楽しんだり、小さい水溜まりはジャンプして越えたり、と調子に乗っていて、1回後輪をスライドさせ転倒しそうになったりする。

舗装路に戻ってからは、時速20km位でゆっくりとスタート地点へ戻っていく。
ショートコースになったのでやや力が余った感覚はあり、徐々に大きくなってくる港を見ながら、名残惜しいと思っているうちにゴール。
時刻は12時少し前、うどん休憩を除くと、結局1週目と変わらない所要時間であった。

ゴール後

ゴール後

ゼッケンと引換に、完走証(パウチされている)と鮭の燻製を受け取る。
その後、暖かい鮭汁とおにぎりを振る舞われ、ほっと一息。相変わらず風が強いので、止まると急に寒くなってしまう。暖かい食べ物はとても有り難い。

側にいる人に話しかけてお互いに写真を撮ったり、近くにあった水道でMTBを軽く水洗いしたりしてから、車に戻ってMTBを片付ける。

片付けながら、受付時にもらった入浴券があったのを思い出し、一番近そうな「道の駅・象潟」の展望浴場(温泉)に直行。
まずは泥だらけになった頭を洗おうとしたら、隣から「こんにちは!」と声を掛けられる。
自分は目が悪くて気づくのが遅れたが、その声の主は竹谷選手だった。主な会話は...

竹谷選手:「どうでしたか?」
自分:「短縮になったのは残念だったけど、王滝よりずっと楽しくて、来年の160kmが楽しみです。」
竹谷選手:「王滝は『修行』だけど、こっちはみんなで楽しくサイクリングっていう趣旨ですからね。今日はよく見えなかったけど、鳥海山の眺めはほんとにいいですよ。」
自分:「ボランティアの人たちがみんな親切で、気持ちがあったかくなりました。」
竹谷選手:「そうですね、エイドステーションのお母さんの対応とか、心から歓迎してくれているっていう感じがしますよね。」

王滝が修行、というのは轍屋のスタッフや常連さんたちも使っていた言葉で、特に今回のプラス20kmではかなり強い人でもフロントインナーを使っていたほどきつかったと言う。

展望浴場を出て、竹谷選手に「帰りの運転、気をつけて。眠くなったら適当に休んだりしながら。」と声を掛けられ、「ありがとうございます、そうします。お疲れさまでした!」と別れる。

まる2日家を空けて迷惑を掛けることでもあり、家族と娘の近所友だちに土産を買ってから、14時に出発。

帰りは強風で速度制限の区間はあったが、幸い通行止めにはならず、栃木県内で多少の混雑渋滞を経て無事帰宅。150kmに1回ぐらいのペースで休憩や食事をしたりして、到着は23時であった。