自転車がちょうどいい

鳥海山麓MTBサイクリング 悪天候で残念ながらショートコースになりましたが結構楽しめました

鳥海山麓MTBサイクリング ('06/10)


その3 振り返って

感想

月並みだが、おそらく他にはない素晴らしいイベントだと思う。ぜひ来年も参加して、160kmコースに挑戦してみたい。ざっとよいところを挙げると...

  • 主催者のこのイベントにかける熱意のすごさ
  • 地元の人たちの心のこもった歓迎
  • バラエティに富んだコース、海のすぐそばにMTB向きの山道があるところ(今回は部分的だったがその片鱗は伺えた)
  • うまい食べ物(海の幸・山の幸)
  • 普段出会わないであろう東北のライダーと話したり、一緒に走る機会を持てる点
  • 順位やタイム測定がなく、完走証のみ発行のサイクリングである点

反省

機材的には王滝スペシャルの踏襲で行けてしまい、タイヤも含めて何の問題もなかった。
読みが甘く集合時間に大幅に遅刻したことと、ステムが緩んでいるのを見逃していたこと(結果的にはMTBが倒れて気づいたが)は反省すべきだろう。

今回は完全に1人で行き、宿でも1人だったので、やや退屈した。高速道路での移動時間が長いので、ドライバー1名だと辛いものがある。次回はできれば誰かと誘い合って行きたい。

宿の手配をしていなかったのは迂闊。運良く前々日に、1人でも泊めてくれるところがすぐに見つかったが、最悪は暴風雨の中での車中泊かもしれなかった。次回は気をつけよう。