自転車がちょうどいい

富士チャレンジ200 とりあえず完走、自分に足りないものがよく分かりました

富士チャレンジ200 ('06/10)


その1 前日まで

申込まで

昨年末までは「そろそろヒルクライムには出てみようかな」とは思っていたが、チャレンジ200のエントリーは全く考えていなかった。
高速で長時間走行するには相応の筋力やスタミナが必要だと思われ、それらが自分には欠けていると分かっていたからである。

正月になって今年出場するイベントを検討した際、Mt富士ヒルクラとSDA王滝100kmはすんなり決定。
あともう一つ、自分の苦手なパターンを入れてみて、現状把握するのも悪くないだろう、と思い直す。

「完走率7割以下」という数字はファンライド誌で見ており、正直自分が完走組に入れるとは思っていなかった。
しかし、完走できないまでも7時間で何キロ走れるかは分かるだろうと軽く考えて、カレンダーの申込開始日にマークを入れ、開始直後にエントリーを済ませる。

事前準備

機材

結局、今年春に買った当時のスペックそのままで対応。
もともと、秋には「決戦用」と称して軽量なアルミホイールを新調しようかと思っていた。
しかし、夏に王滝用のMTBに投資したうえ、多額のガソリン代をかけて鳥海山麓にも行ってしまったので、今回は自粛。

練習

8〜9月は王滝100kmの準備として、100km超の練習をしていたのだが、その後はすっかりサボってしまっている。
10月は、娘の七五三の準備やジャパンカップ観戦など行事が多く、仕事も忙しくて帰りが遅かったこともあり、全然乗り込めなかった。
結局ロングライドは一度もなしで、ほぼ通勤(1日往復30km強)だけになってしまった。

せめては通勤を活用しようということで、いつもより少し強度を上げ、河川敷の区間を使って30km/hをキープする練習だけはしておいた。
通勤用MTBには1.95インチのやや太いタイヤを履いているせいもあって、自分には結構きつく感じられ、心拍数も150を超えてしまうことが多かった。

作戦

ピットイン:
基本的には1回、トイレに行きたくなければノンストップもありとする。
ソロ出場だからピット前に出てきてボトルを渡してくれる人がいないわけで、ピットインはタイムロスに直結する。
それを嫌って、水と食料をやや多めに持ち、ピットイン回数を最小限に抑える。

目標平均時速:
とりあえず、30km/hに設定。
チャレンジ200は7時間で199.1km、単純計算で平均時速28.44kmで完走できる。
平均時速30km出ていれば、休憩やトラブル対応で10分程度のロスがあってもリカバー可能。
但し、実際に走ってみて余裕があれば、それを若干上回るのは可とする。

Edge305の活用:
GPS・心拍計・サイコンを兼ねたGARMIN Edge305を使いこなしてみる。
具体的には、オートラップとバーチャルパートナーの2点。

・オートラップ
決めた距離毎ないし決めた場所を通過する毎に、自動的にラップアップする機能。距離でやると、ピットインしたり微妙なコース取りで狂ってしまうおそれがある。そこで、スタート地点に集合した際にその場所を記憶させる方を選択。

・バーチャルパートナー
設定したトレーニングメニューを実行中に、仮装の相棒との位置関係を表示するもの。今回は「199.1kmを7時間で走る」(完走の最低限の条件)という設定をして、自分がバーチャルパートナーのどれぐらい前にいるかを目安にする。

前日

休憩は多くて1回なので、ボトルを3本以上は持ちたいと思っていた。
そこで、数日前の会社帰りにボトルケージホルダー(ハンドル付け、シートピラー付け、各1)を買っておいた。

シートピラー付けのほうは、サドル(アリオネ、前後に長い)と干渉してというか、シートピラーの出かたが不足で(こっちが本当)、ボトルをスムースに取り出せるように取り付けられない。
そこで、ハンドル付けの方を取り付けして、フレームに2本と合わせて目的の3本は確保。
ボトルの中身は全部、CCD所定量+水とする。

また、ジェル類を携帯ボトルに詰め替えて持とうと思っていたのだが、エナジーボトルは高いので、100均ショップで買った小型容器(本来シャンプーなどを小分けにするもの、片手で開閉可能)を2本買って代用。
1本にはパワージェル4パック分、1本にはトップテン1瓶分を充填、それぞれジャージのバックポケットに入れていくことにする。

他に、いつものアミノバイタルゼリーを3袋、BCAAを2袋持参。

夕食後に軽くバイクのメンテ(注油、ネジの緩み確認、タイヤの傷確認など)をする。
翌日の天気予報をネットで確認すると、ずばり「雨」。
最悪の事態に備えて雨具上下を荷物に加え、チェーンには王滝で活躍したウェットオイルを差しておく。
バイク、用具一式や工具などを入れた買い物かごを車に載せ、9時半に就寝。