自転車がちょうどいい

富士チャレンジ200 とりあえず完走、自分に足りないものがよく分かりました

富士チャレンジ200 ('06/10)


その2 当日

3時起床、あらかじめレーパンとジャージに着替えてから、上にルーズな格好を重ねる。これは用意された更衣室が混んで試走時間がなくなるのを心配したため。

3時半、地面から雨音が聞こえるほど強い雨の中、不安な気持ちで出発する。

開始前のコース

横浜町田で東名に乗り、海老名SAへ。駐車スペースにはロードバイクを上に積んだ車が何台もあり、既にレースの雰囲気を感じることができる。
ここで、持参したパンとバナナ、売店で売っているラーメンを1杯食べる。
眠いのでコーヒーを飲もうかと思うが、カフェインには利尿作用があり、結果的に摂った水分より多く出て行くので我慢、ポカリスウェットにしておく。

5:45、富士スピードウェイの西門前に到着。
駐車場開門は6:00なのだが、着いてみると道路上には駐車場待ちの長い車列ができていた。
結局一番近い駐車場には入れず、やや離れた「P19」に誘導される。

テント前の様子

6:20、バイクとかごを車から降ろして、ピットの方向へ歩き出す。
幸い、雨が止んで少し日が差してきた。
コースを見下ろすと、濡れてはいるが、設備が新しくて水はけが良いはずで、じきに乾いてドライコンディションになりそう。

6:30、ピットスペースに到着。まだ比較的空いていたので、スタンドを使ってバイクを立てて作業をする余裕があった。

6:35、受付ブースへ行き、チップやゼッケンを受け取る。ピット内でそれぞれ装着。
残りのパンを食べてアミノバイタルゼリーを飲みつつ、試走時間を待つ。

ピットの中

7:00、試走開始。
アームウォーマーとレッグウォーマーを着用し、2周回の試走に出かける。
ホームストレートを過ぎて長い下り区間に入ると、冷たい風が容赦なく吹き付けてくる。
体が温まっていないことと速度が低い(試走は制限速度30km/h)ことを相殺すると、この寒さには半袖・短レーパンでは耐えられないと判断、ウォーマー類は付けたままスタートすることに決める。
また、路面状態がよいので、タイヤ空気圧をいつもの7BARから8BARにアップし、漕ぎの軽さを狙う。

キッズレース先導の3人

8:00、キッズのレースを観戦
試走時間の後、未就学児(500メートル)からジュニア(1週)までのレースが行われ、楽しそうなので見に行ってみる。
本人というよりはDVを構えたパパママの方が一生懸命だったりするが、まだ子供の小さい自分はちょっとうらやましく思う。
ジュニア1週は、優勝タイムが確か7分台と大人顔負け。とても驚いた。
写真奥はキッズを先導する竹谷選手・松本選手・堂城選手(坊主頭で隠れて見づらいけど)。

スタート〜前半

キッズレースも終わり、ピットからバイクを押して、コースに歩いていく。
最後方だとスタートするまでに5分以上掛かるとどこかで見た記憶があって、早めには出たけれども、自分の前には100人ぐらいしかいないところを見ると、ちょっと早すぎたかもしれない。

セレモニーが始まると、来賓挨拶やゲスト選手紹介も何とか見えるような位置取り。
周りは「なるしま」等クラブチームのジャージを着用した、見るからに早そうな人たちばかりで、ちょっと場違いだったと反省。
まあ遅すぎたよりはいいだろうと割り切り、上に書いたEdge305の設定を完了。

9:00、イイミワさんの盛り上げアナウンスと秒読みのあと、いよいよスタート。
一斉にクリート音がして、前の方の人たちは先導車に続いて飛び出していく。
最初の1週は先導が着くので、ゆっくりめのローリングスタートになるかと想像していた。
しかし、周りの人たちは前の方に陣取るだけあって非常に速く、どんどん抜かれていく。

かなり圧倒されながらも、ある程度は流れに乗ることを意識して走っていく。
1〜2週目のタイムは7分45秒、心拍数は平坦や上りで170以上、下りで少し力を緩めても150より下には行かない。
これではいくら何でも速すぎて続かないので、3周目からはラップタイムを意識的に落とし、8分〜8分10秒ぐらいにする。
心拍数は平坦や上りで150〜160、下りでは140台に下がった。
経験上、これぐらいであれば、ある程度長時間続けられるので、一安心。

さて、そろそろ自分の力に合うトレインにうまく乗っていきたいところだが、なかなかうまく行かない。
まず、チームバンやスキルシマノの選手が引く一団は、平均時速40km以上なので論外。
もう少し遅い、クラブチームの選手が多い一団にも付いて行けない。
他にはトレインと呼べるほど大規模な編成はあまり見られない。

実は、トレインにうまく乗れないのには根本的な理由がある。
自分は一般的な走り方の人たちとペース配分が違いすぎるのだ。

大多数の人の作戦は、「上りではあまり頑張らない、平坦と下りで充分なスピードを保って、トータルでタイムを維持する」というものだろう。
自分は上りは比較的速い方で、特に頑張らなくても、ホームストレート前の上りで10〜20人は抜けてしまう。
しかし、ホームストレートの平坦と1コーナー過ぎの下りで、同じ人に抜き返されることが多かった。

1コーナー過ぎの下りは、別に踏まなくても60km/hぐらい出るという話を聞いたことがあるが、自分は50〜55km/hがいいところ。
ストレートエンドの速度が遅すぎるのかというとそうでもないし、体重が軽すぎて空気抵抗に負けてしまっているのかもしれない。
足を回して少しスピードを乗せようとしても、コンパクトドライブなのでアウター・トップでもすぐ上限に達してしまう。

そんな訳で、3〜4人のグループにうまく付けるときは付かせてもらう程度、1週8分ちょっとのペースを守りつつ、淡々と周回を重ねていく。

12:00、ちょうど半分(22週)走ったところで3時間経過。トイレに行きたくなったのでピットイン。
合計で約8分の休憩。アミノバイタルゼリーとBCAA各1袋を食べ、空になったボトルを交換してコースに戻る。

後半〜ゴール

休憩が終わって復帰してみると、脚が全然回らなくなっている。
復帰直後のラップタイムは、前半比で1分以上ダウン、9分30秒になってしまった。
休憩で体を冷やしすぎてしまったか、それとも順調だと思っていた前半100kmでオーバーペースだったのか、という考えが頭を巡り、やや焦る。

その後3週ぐらい頑張って、やっと1ラップ9分まで戻すことができ、この後は何とかそれをキープして周回を重ねていく。

やがて、100kmの部の人たちがゴールインしてコースが空いてくると、ますます一人旅の時間が増えて、きつくなってくる。
ホームストレートで完全に一人になってしまい、頑張っても30km/hちょっとしか出せない周回も出てきた。
ゲストでも竹谷選手などは、完走狙いペースの人たちに合わせた先導をして下さっているようだ。それでも速すぎて自分にはうまく乗っていけない。

通算130kmあたりでやや腰が痛くなってきて、時々下りで立ったまま腰のストレッチを試みる。
SDA王滝では、「42kmにしとけばよかったのに」と思ったのはほんの一瞬だけだった。
でも今日は、このあたりから残り5週ぐらいになるまで、ずっと「やっぱ100kmにしとけばよかったなぁ」と思い続けて走っていた。

コーナーには他のレースイベント同様、後で参加者に売る写真を撮っているとおぼしきカメラマンが構えている。
この頃は既に笑顔を作る余裕はなく、きっと相当に険しい表情で写っていることだろう。

やがて150kmをクリア、ラップタイムは何とか9分〜9分10秒をキープできている。
せめて長いホームストレートだけは誰かの後ろについて迎えるようにするが、概ねゴールラインまで行くか行かないかでちぎれてしまう。
まだ雨は降ってこないが、日が陰ってかなり寒くなり、唯一休めるはずの長い下りも苦痛になってきた。

ラスト5週、いよいよ腰が辛くなってきて、ストレッチする動作をほぼ毎周回やってしまうようになる。
あと5周、あと4周、と自分に言い聞かせながら、太ももの上げ下げだけに意識を集中して進んでいく。

ラスト3週の途中、最後の上りのやや手前で、竹谷選手が自分に気づいて少しスピードを緩め、笑顔で話しかけてくれた。
今日は最後まで竹谷トレインには乗れなかったし、追いかけて話しかけるような余裕もなくて、会話する機会はないと思っていたので、辛い中にも気持ちが明るくなる。

竹谷選手:「こんにちは!」
自分:「あっ、お疲れさまです!」
竹谷選手:「今日は調子はどうですか?」
自分:「まだ力が足りないみたいで、列車にうまく乗れませんでした。一人旅になると結構きついですね〜。」
竹谷選手:「あと何周ですか?」
自分:「いま190kmちょっとなので、あと2周です。」
竹谷選手:「あ、じゃあ6時間半ぐらいでゴールできそうじゃないですか。残り2周、頑張ってください!」
自分:「ありがとうございます、最後、頑張ります!」

竹谷選手に励まされたこともあって、ラストスパートはできないものの、ラップタイムを落とさずにラスト2週を乗り切って、ゴールイン。
ガッツポーズをする余裕もなく、心底へなへなになって、ゴールした人用の出口からゆっくりとピットに戻っていく。
結局、後半100kmの走行時間は3時間20分かかった。

ゴール後

完走直後に1枚

本来は出口でチップを返却するのだが、本当にこれで規定週数をクリアしたのか、いまいち自信がなかったので、ピットの周回数確認所へ行ってみる。
置いてあるパソコンに自分のゼッケン番号を入れてみたところ、周回数が「44」と表示され、まずは一安心。

一度出口に戻ってチップを返却してから、再度ピットに戻り、近くの人に記念撮影を1枚お願いする。

バイクをスタンドに立て、更衣室で着替えをする。
着替えながら気づいたのだが、走りながら自覚していた腰のほかに、肩がかなり張っており、太ももと膝周りの筋肉もやや張っているようだ。それらを自分で少し揉んでみる。
再びピットに戻り、記念にゴールの電光掲示板の写真を1枚。

ゴールの電光掲示板

それからテントの方へ歩いていき、受付でもらった無料券で暖かいおしるこをゲット。最後の方は寒くて体が冷えきっていたので、ホッと一息。
まだ食べ足りないような気がして、売れ残って半額になっていたおにぎりを1パック買い、それも平らげる。

表彰式は自分に関係のある人が入賞したわけでもなさそうなので、パスして撤収。

16:30過ぎに出発して御殿場から高速に乗ったところ、秦野中井から大和トンネルまで25kmの渋滞とのこと。
経験上、このような時は下道(246号)で行ってもやっぱり渋滞するので、おとなしくのろのろと進んでいく。

結局、自宅に着いたのは20:00で、3時間半も掛かってしまった。
行きは休憩込みで2時間ちょっとだったので、実質的には倍ぐらい掛かったことになる。