自転車がちょうどいい

富士チャレンジ200 とりあえず完走、自分に足りないものがよく分かりました

富士チャレンジ200 ('06/10)


その3 振り返って

リザルト

とりあえず、総合タイムと順位だけは公式のが分かりました。
タイム(グロス) 6:26:50
総合順位 415位/957人
前半22週 約3:00
休憩1回 約0:08
後半22週 約3:20

感想

正直なところ、達成感うんぬんというよりは、随分無謀なことをして無事で済んで何より、というところ。
もう一度出るとしたら、もっとしっかり練習して力を付けてからにしようと思う。

自分が見た限りでは救急車の出動が3回あり、どれも下りの終わりにいたところを見ると、オーバースピードで膨らんでしまった人が原因を作ったようだ。
今回は操作ミスや集中力切れで他人を落車させるような事態も引き起こさず、そういう人に巻き込まれることもなく、体の故障もとりあえずなさそうで、運がよかった。

反省

練習

週1ぐらいのペースで100km以上のロングライドをやるべきだったとは思うが、通勤でもある程度トレーニングになることは分かった。
休日のロングが難しいときは、通勤帰りにちょっと回り道を加えて、距離や強度を稼ぐだけでもかなり違うのではないだろうか?

また、上にも書いたように、自分は上りではやや速い方だが、平坦や下りでは遅い。
そのため、トレインにうまく乗れず、無理して乗っても中切れを起こしてしまう。
今回のように高速巡航を求められるイベントに出ようと思うなら、もっと集団走行の機会を多く持つことと、平坦路でのスピード練習を積むことが必要だろう。

ペース配分

最初の2週で周りに翻弄されてしまったのは、経験不足でしょうがなかった。
後半の極端なペースダウンは、休憩で体を冷やしすぎてしまったか、前半がオーバーペースだったか、その両方かもしれない。
今後は1日で200kmを何度か走ってみて、うまく対応できるように経験値を上げていければと思う。

補給

ボトル3本はやや重かったが、ピットイン回数を抑えられた点で正解。
コースではサドルの後ろに2本とフレームに2本、計4本の人を何人か見た。750CCを4本持っていれば、おそらく一度もピットインせずに済むだろう。
女子の1位の人(200km連覇)も、水を多く持ってノンストップで走ったらしい。

液体補給食を片手で開け閉めできる小型容器に入れ替えたのも正解。
白状すると、自分は運転スキルが乏しく、両手放しを長時間続けることができない。
片手と口でパワージェルやトップテンの蓋を扱うのでは厳しかっただろう。