自転車がちょうどいい

横浜市在住・まつあにがお送りする、遅ればせながら始めた自転車ライフのあれこれ

自転車歴

きっかけ

2004年夏

健康診断の数値に問題があったわけでも太ったわけでもなかったが、年々体力が落ちてきたことを自覚していた。深夜までの残業が続いたりするとてきめんに疲れが溜まる等。
そこで、体力維持のために何か継続的に運動をしようと思う。

早朝や夜中にジョギングする、休みの日に泳ぎに行く、スポーツクラブに入る等考えたが、過去の自分を振り返るとどれも長続きしなそう。
ふと「自転車で通勤すれば、往復するだけで運動になるのではないか?」と思いつく。 これはよいことを思いついたぞ、と自画自賛してみる。

googleで「自転車通勤」で検索してみたところ、自転車通勤は流行りつつあり、既にホームページもたくさんあることに初めて気づいて、PCの前でひとり赤面。
さらにキーワードに通勤路として使おうと思った「鶴見川」を追加したら、検索結果の一番上に出てきたうめ吉さんのホームページにたどり着く。
ここで、自転車選び、ルート選び、装備などについて基本的な知識を得る。

初めのころ

まず地図を見ながらルートを検討、ルートを3パターンぐらい考えた。
距離はおよそ14〜16kmで、ある程度よい自転車を用意しないと無理そう。
とりあえず、当時たまたまヤフオクに出ていた中古クロスバイクを、サイズだけ確認して落札。

届いて試しに乗ってみると、ママチャリに比べてかなり軽いし、スピードも出そうだ。
いろいろなサイトを参考にして、ヘルメット、電池式ライト前後、ベル、パンク修理セットを購入。
着るものはさしあたって、ユニクロのドライシャツとショートパンツで済ませる。
毎日曜日の朝、印刷した地図を持って、考えておいたルートを試走する。

長年運動をしていなかったこと、夏で暑かったこと、適当なペースが掴めていなかったことなどから、5〜10kmでもかなり疲れてしまった。
3回目にようやく会社との往復(30km余り)に成功。

最短ルートは幹線道路で、車が多く渋滞しがちなうえ、排気ガスも辛い。
そこで、遠回りで夜は真っ暗ではあるが、車が通らない鶴見川沿いのルートを使うことに決定。
1か月経ってようやく、雨の日以外は自転車で通勤するようになった。

だんだん自転車が面白くなっていき、2か月目にはビンディングペダル(SPD)とMTBシューズを購入。こうして徐々にハマっていくのであった。

ロード購入

2005年春

うめ吉さんの掲示板に、もともとロードバイク乗りだったり、最近ロードバイクを購入した方が何人かいらした。

昔、大学生だった頃、NHKでツールドフランスの放送を見たことを思い出す。
イノー、レモン、フィニオン、ヘレラ、デルガド...。
細くて美しいロードバイクと選手たちの強烈な速さ、ハイデン(スケートの金メダリスト)でもリタイヤしてしまうという過酷さ。
その当時から、ロードバイクは特別な能力を持つ人だけが乗れる自転車、自分には縁がないもの、というイメージがあった。

ところが、たまたま某雑誌で見た、ホノルルセンチュリーライド2004の記事に興味を持つ。
これに出てみたい、どうせ行くなら100マイル全部走ってみたい、そのためにはロードバイクのほうがよさそう、という思考パターンで、これを機会にロードバイクを買おうかと思う。
最初なのでコストパフォーマンスがよく、デザインが自分の好みであったことから、Cannondale R700を購入。

主に日曜日を使って、ロードバイクに乗り始める。
徐々に距離を伸ばしていき、夏には小休止しながらであれば100km以上走れるようになった。
あとは行けば雰囲気で何とかなるもので、9月のホノルルセンチュリーライド2005では、行き3時間・帰り4時間の計7時間かけ、無事100マイルを完走。

MTB購入

2005年夏

この年の春、「やまみちアドベンチャー」さんの初心者向けツアーに参加。
レンタルしたMTB(スペシャのスタジャン)で秋川方面の里山を走り、オフロードに興味を持つ。
ただ、ロードバイクへの投資をしたばかりなので、新車購入は自重。

夏になって、たまたまヤフオクでGaryFisher Procaliberを発見。
既にスペック的にはとても古いものではあったが、通勤とたまの里山ライドにはこれで充分、とりあえずこれに乗ってみよう、ということで落札。

以後はこれが自分の通勤バイクになる。置き場所が足りなくなったので、初代通勤車のクロスバイクは後日手放すことになった。

ロード買い換え

2006年春

前年に購入したロードバイクは、軽くてよく進むし、乗り心地がよかった。
ただ、自分の体に対して少し大きめで、手が痛かったりハンドリングにやや難があった。
ステムを短いものに交換してみたもののいま一つで、シートピラーのロゴも隠れてしまっているあたり、ワンサイズ大きかったのだと気づく。
とてももったいないが、思い切って買い換えを決意。

どうせ調整が必要で、ハンドルやステムは交換することになるだろうし、自分は手が小さいのでレバーの小さいカンパを試してみたいとも思う。
しかし、カンパの完成車は種類が少なくて、選べるほど候補はない。
そこで、フルオーダーまでは行かなくても、好きなフレームを選び、カンパで組んでもらうことを決意。

この際なので、フレームはフルカーボンで行ってみようかと思うが、イタリアやフランスのブランドはとても高い。予算面から、スペシャとリドレーをピックアップ。
使っている人を知らないので不安はあったものの、デザイン面、大径化されたヘッド周り・ハイモジュラスカーボン使用といううたい文句に惹かれ、リドレーのExcaliburに決定。

コンポはベーシックなヴェローチェ中心で発注し、もしカンパが気に入ってもっといいのが欲しくなったらコーラスあたりまでは行ってもよし、やっぱりシマノがよかったと思えば、アルテグラあたりで組み直せばよい、ということにする。

ほどなく完成し、これでショップの練習会に混ぜてもらうようになるが、速い人たちには全く付いていけなかったり、急に強度を上げたせいで一時期膝を痛めたりする。
少し休んでからまた少しずつ練習し、Mt富士ヒルクライムでは1:26台、目標の1:30を何とかクリアする。

MTB追加購入

詳しくはSDA王滝100kmのレポートをご覧ください。