自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その2 観戦プラン検討

何で行くか?

さて、去年は急遽ということで1人で行ったが、今年は前もって予定することでもあり、誰かと一緒に観戦できたらいいなと思う。
うめ吉さんのサイトが縁で知り合い、一緒に日産スタジアムのエンデューロ(5月)に出場したくろださんをお誘いしたところ、その日は空いていてレース観戦にも興味ありとのこと。さっそく、メールで交通手段の相談をする。

アンカーが出ればまたバスツアーが組まれるかもと密かに期待していたのだが、アンカーは出場しないことが判明、去年の再現は期待できなくなった。
(ちなみに、去年の主力の多くはチームバンから出場、アンカーでは田代選手や飯島選手が日本代表チームとして出場。)

去年見た無料駐車場のあまりの遠さ、シャトルバス待ちの長蛇の列、宇都宮駅〜会場の距離、等々を思い出すと、スタート/ゴール地点のすぐそばまで行ってくれるツアーバスの利便性は捨てがたい。
ツアーバス以外だと、輪行して駅から自走するか、クルマに自転車を積んで行って駐車場から自走するか、そんなところが思い浮かぶ。

公式ページで調べると、バスツアーの料金は1人8000円とのこと。
ちょっと微妙な値段だが、運転しないで寝てても着くし、しかも着くのはスタート地点前、帰りもゆっくり選手にサインをお願いしたりできる、というプラス面を取って、ツアーに申し込むことに決定。
料金にはパンフレット代と有料エリアの入場料(今年から導入)が含まれるということで、新幹線や東武(特急料金含め)と比べて法外な金額でもなさそうだ。

どこで観るか?

去年はゴールシーンを生で見たいと思って、残り2週で古賀志林道から降りてきてスタンバイした。
それはそれで意味があり、終了後にいち早く選手と握手したり、サインを貰いに行けるというメリットがあった。

ただ、ゴールシーンをもっといい位置で見ようと思うなら、もっと早く(いや最初から?)場所を取っておかなければならないことも分かった。
そこで今年は、スタートを見終わったら古賀志林道の方へ歩いていき、最後のデッドヒートが繰り広げられるであろう古賀志林道の最終周を見届けることに決める。