自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その3 当日朝

ツアーバスで移動

レース当日の10/22は、鳥海山MTBと富士チャレンジの間。これらのイベントに参加するには早起きが必要なので、生活リズムを調整して5:00までには起きるようにしていた。
その日は4:00に起床、4:30に家を出て始発電車に乗り、有楽町駅から歩いて集合場所の鍛冶橋駐車場に到着。

ツアー一行のバス6台(4号車が欠番で7号車まであった)は7:00少し前に駐車場を出発、しばらくは首都高速を順調に走る。自分たちは買ってきたもので朝食を済ませたり、配られた公式パンフを見ながら選手の話をしたりしてくつろぐ。

Photo

道路の案内表示を見ると、東北道が事故渋滞とのこと。一昨年は事故渋滞でスタート時刻に間に合わなかったそうなので、やや心配。
バスが一般道に降りてからも渋滞していたが、しばらくして戻った東北道は順調に流れていたので、まずは一安心。

やがてバスは会場に近づく。いよいよ森林公園に入り、自走応援組やアップする選手を横目に見ながら、ゆっくりと進んでいく。

会場に到着

およそ開始30分前、9:30ごろスタート地点近くに到着。
既に大勢の人たちが集まっている中に自分たちも降りていき、人垣をかき分けながら進んでいく。今年から有料ゾーンが設けられ、その中に入るためのゲートができた訳だが、特に混乱はしていない。

有料ゾーンに入って、まずはディスカバリーのロゴが入った風船棒が気前よく配られていたので1つゲット。
今年の目玉は何といっても、ナショナルチャンピオンジャージを着た別府フミ選手が同チームのエースとして走る姿を見られること。ディスカバリーは去年は参加の噂はあっても実現しなかったので、二重の意味で貴重な機会。

同行のくろださんが、やはりうめ吉さんの掲示板の常連であるたけさんと連絡を取っていて、ご挨拶することができた。