自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その4 スタート〜序盤

スタート

スタート約5分前の様子。最前列の選手たちは笑顔で何やら会話をしている。逃げ作戦を取る日本人選手の姿が多く見受けられた。

Photo

秒読みのあとパン!と乾いたピストルの音がして、一斉にスタート。一団はみるみる加速し、あっという間に走り去っていった。

3週目まで

この後、しばらく補給エリアの先で崖に登って観戦。
オフィシャルカーがクラクションを鳴らして走りすぎると、まず日本人の逃げ集団がやってくる。この付近はやや登りになっているのだが、それを感じさせないスピード。
去年と同じ福島康司選手や橋川健選手(マトリックス)らのほか、前年はメイン集団に入っていた鈴木真理選手(ミヤタスバル)あたりも入り、協力して懸命に逃げていく。

≪QuickTimeプラグインがインストールされていません≫

約2分後、メイン集団が走り抜ける。人数の多さもあってか、シャーという回転音とブヮーという風切り音が入り交じり、ひとかたまりの“風”が通り過ぎるような感じ。
メイン集団の前のほうにはディスカバリーやブイグテレコムのジャージが多いようだが、あっという間に通り過ぎるので選手の特定はできず。

≪QuickTimeプラグインがインストールされていません≫