自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その5 中盤

古賀志林道へ移動

一度トイレに寄ってから、古賀志林道の頂上地点を目指して歩いていく。
沿道にはテントを張ってビールを飲みながら観戦している人たちが多い。脇には車番を付けたロードバイクを置いているところをみると、前日のオープンレースから来ている人たちだろう。この次はこういう観戦スタイルもいいかも。

林道エリアを登っていくと、道路のあちこちに応援するチームや選手の名前が書いてあり、選手への声援の多さもかなりのもの。テレビで見るヨーロッパのロードレースのような雰囲気。
選手の顔写真入りの凝った横断幕やボードを用意しているグループもいて、応援される選手もさぞかし気合いが入ることだろうと思う。

4〜5週目

観戦場所がかなり斜度のある上り坂なので、スピードが下がって選手の見分けがしやすくなり、表情もある程度見えるようになった。
逃げ集団ではちょっときつそうな表情になってきた選手もちらほら。メイン集団との差は2分半ほど。

Photo

メイン集団はまだ淡々と進んでいる感じで、この後どんなドラマが待っているのか、まだ予想できない。

Photo

6週目

チームカーもペースダウンするので、乗っている人の顔もスタート地点近くと比べてよく見えるようになった。
ブリュイネール監督は、ディスカバリーの応援と見るやクラクションをひっきりなしに鳴らして応えている。ミヤタスバルの栗村監督も、ニコニコしながら声援に手を振って通り過ぎていった。

ここでナショナルチャンピオンジャージの別府フミ選手を綺麗に撮ろうとしたが、残念ながらちょうど被さったリッコ選手に顔が隠れてしまった。

Photo

7〜8週目

去年は林道の頂上付近に係員が立っていて先には行けなかったが、今年は係員がおらず立ち入り禁止の表示も見あたらないので、試しに少し先まで行ってみる。

プロの選手たちは下り始めとはいえ相当にスピードアップし、体とバイクを一体化させて右へ左へとスムーズにコーナリングしていく。撮影のバイクは大きく車体を倒しながら付いていくのがやっとな感じ。チームカーも道幅をいっぱいに使って走り抜けていく。

≪QuickTimeプラグインがインストールされていません≫

少ししたら係員が歩いてきて、道路の端から充分に下がって見るように言われる。また別の係員が歩いてきて、下り坂での観戦は危ないので禁止、引き返すようにと言われる。
そこで、林道の頂上付近から少し下がったところへ戻って、最後の3週に備える。