自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その6 終盤

9週目

逃げ集団が通過して間もなく、メヤス(サウニエル)が1人でやってくる。ちょっと驚いて、写真を撮りそこねてしまった。どうやら、メイン集団から単独でアタックしてきたらしい。
ほどなくメイン集団のメンバーも通過、逃げ集団のリードはもう1分もないのではないか。いよいよ最終局面に向けてレースが動き出した。

≪QuickTimeプラグインがインストールされていません≫

10週目

人数が3人に減ってしまった先頭集団が険しい表情で通過、すぐに後続の先頭がやってくる。
メイン集団はかなり縦長になったというか崩壊してきたようで、いよいよサバイバルの様相。
別府フミ選手や新城選手はまだ頑張っているがやや離されつつあるか?二人とも、今までより厳しい顔に変わってきた。

≪QuickTimeプラグインがインストールされていません≫

それまでは沿道の観客も、一般の自走応援組がダンシングで登っていくと笑いながら「ベンガベンガ!」と声を掛けたり、待ち時間に売店で暖かい食べ物を買ってくつろいだり、と和やかな雰囲気だった。
しかしこの頃になると、選手たちの緊迫した空気が伝わってか沿道の緊張感も高まってきて、今までより一層大きな声で「フミ!がんばれ!」などと声がかかる。

いよいよ最終周回

今度は顔ぶれが変わり、ディスカバリーの選手(デヴォルデル)、メヤスとは別のサウニエルの選手(リッコ)、ランプレの選手(ズィマイド)を頭に、先ほどまでのメイン集団のメンバーがより一層縦長になって駆け抜けていく。
さっきまでとは違い、ほとんどの選手がアウターに入れてぐいぐいとダンシング。自分が平坦を全力で走るのと変わらないようなスピードで駆け上がっていく様子に、しばし圧倒される。

注目の別府フミ選手は先頭からかなり離れてしまい、顔を下に向けて険しい表情で目の前を通過。前半では沿道の歓声ににこやかに反応することもあったのだが、最後は相当に苦しそうだった。
ヨーロッパで連戦してから母国でエースとして走るという、素人の自分には想像を絶する条件で何とか結果を出そうとする、その姿が目に焼き付いた。

Photo