自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その7 ゴール〜終了後

選手にサインを貰いにいく

最終周回を見届けたあと、コースを逆回りに歩いてゴール地点まで戻る。
先頭のゴールシーンには間に合わないことが分かっていたので、ラジオで結末を確かめながら歩いていく。最後はゴールスプリントになり、リッコがランプレのマルツォーリを振り切って僅差で勝利、3位と4位はディスカバリーとのこと。

やがてゴール地点の近くへ戻り、ものすごい人混みをかき分けかき分けして、チームテントの方へ歩いていく。
今回はジャージが欲しいプロツアーチームは来ていないので、選手からジャージ等を買うのはパス。ちなみに、今年は特にブイグテレコムの選手が熱心にジャージを売っており(1枚4000円)、去年のクイックステップの選手を思い出させた。

今回の主な記念品

・別府フミ選手のサイン
とても疲れていたと思うが、しばらくの間ファンのサインには応じていて、特に子供たちには笑顔で接していた。さすがは本場で活躍するプロフェッショナル!と感服。
この後、フミ選手はチームテントに戻り、他の選手たちに“Fummy, good job.”と声を掛けられ握手で応えていた。

Photo Photo

Photo

・新城選手のサイン
チームバンの選手はみな熱心にファンサービスをすることで知られている。新城選手も車のボンネットに色紙を置いて丁寧にサインしてから、「応援ありがとうございます!」と言いながら、しっかりと握手して下さった。

Photo

・マルツォーリ選手のサイン
僅差で敗れた直後で、テントでは監督と大きな声でやり合っていたのだが、こちらが色紙を示して身振り手振りでお願いしたところ、ちょっとめんどくさそうにしつつもサインに応じてくれた。

Photo Photo

一緒に行ったくろださんも、別府匠選手や福島晋一選手、新城選手らとのツーショット写真やサインをたくさんゲットできて嬉しそうだった。

この前後、ディスカバリーのテント近くで、くろださん・たけさん同様うめ吉さんの掲示板の常連であるSFKさんにお会いした。今日は茨城からロードバイクで自走とのこと、お仲間と一緒に自走で帰っていかれた。

会場を後にして帰路へ

ひと区切りついたついたところで、たけさんご夫妻と一緒に売れ残っていた弁当を安く買って食べてから別れ、リザルトと気になっていたカンパニョーロのデモカーを撮影。

Photo

Photo

そして、すぐ近くで待っていたバスに乗りこむ。16:00少し前にコースを後にして、東京駅の近くでバスを降りたのは19:00頃だった。