自転車がちょうどいい

ジャパンカップ2006観戦記 今年も生で観られて大満足でした

その8 振り返って

感想と次回の抱負

一緒に行ったくろださんによると、初めて生で見るレースはスピード感・迫力・雰囲気、どれも想像以上で来てよかった、もっとチームや選手の顔、走りの特徴などが分かるとさらに楽しめるかも、との感想。

自分としても、去年のようなビッグネームの参加はなかったけれども、別府フミ選手の奮闘ぶり、最終週の古賀志林道の迫力など見どころが数多くあり、見に行ってよかったと思っている。

去年・今年の2回、バスで会場に行き、歩いて移動するというスタイルで観戦したので、次回は自転車を持ち込んで移動しながらの観戦を試してみたいと思う。

ちょっと不便だったこと

今回は開始直後以外はスタート/ゴール地点を離れて観戦したので、最新の戦況の把握ができなかった。
去年はラジオでもう少し長い時間扱われ、コースの他の場所で何が起きたか、ある程度は知り得たのだが、今年は1時間に1回程度のレース速報のみ。他には、バイクが逃げ集団とメイン集団の時間差を書いたボードを出している程度。

周回コースでやっているのだし、入場料も取るようになったのだから、流行のワンセグでも使って生中継してくれれば、モニタがないところでもレース展開が分かって便利では?というのは素人考えだろうか。