自転車がちょうどいい

Mt富士ヒルクライム 自己記録大幅更新を狙った結末は...

1 準備編1

去年のまとめ

Mt富士ヒルクライムは去年(2006年)が初参加だった。
去年はヒルクラを経験するために出場した4月の「ツールド草津」での平均時速と心拍数のログを参考に、一応ペース配分を検討。
Mt富士は草津よりやや勾配は緩くて距離は長いので、大体同じような平均時速と心拍数で行けるだろう、そうすれば1時間半ぐらいでゴールできるのでは?程度の軽い気持ちでスタート。
本番では全体を通してそのペースを守り続け、ゴールタイムは1時間26分台だった。

当日は気温が低くかつ絶えず雨が降っており、横浜の真冬よりも寒かった。
レインウェアを持っていなかったので、下りではウィンドブレーカーを来たのだが大雨であまり役に立たず、凍える寸前に陥るという貴重な経験をした。

全体的には、その寒さ、あの富士山に(途中までとはいえ)自分の脚で登れたという満足感、それに約4000人が醸し出すスタート前の熱気が印象に残っている。

申込

この大会、会場が信州などと比べて自宅から近いのが魅力で、1回出ただけなのに早くも自分の中で年中行事化。特に深い考えもなく今年もエントリーすることに決定。日程が重なった6月王滝はパスして9月の方を申し込むことにした。

2月20日、funride誌定期購読者の先行申込がスタート。早く申込をすることで駐車場が北麓公園内になるというメリットがあるので、初日の午前中にネット申込を済ませておく。
Mt富士ヒルクラは年々人気が上がっているらしく、今年は一般申込期間の4日目で締切になったそうなので、来年の参加を検討される方はどうぞご注意を。

さて、その後間もなく、TOKYOエンデューロ等でのパートナー・くろださんから、自分もエントリーしましたという連絡を頂く。うめ吉さんの掲示板で常連さん達から勧められ、一度ヒルクラに出てみようと思ったらしい。

それではできる範囲で案内をということで、宿泊先を2部屋予約すべく、公式サイトに用意された専用画面で申し込む。ところが、富士急トラベルから来たメールによると、希望した宿は既に埋まったとのこと。(だったらネットにも反映しといてほしい...。)
代替案が提示され、何とか富士吉田市内のビジネスホテルを2部屋確保。実はこの予約プロセス以外にも不満な点はあったのだが、それは後ほど。

目標

今年の初め頃は、当日まで健康が維持できて無事に出られればそれで幸せ、程度の軽い気持ちでいた。
ところが、今年2月にNTVで放映された、矢沢みつみ選手のドキュメント番組を夫婦で見た際、こんな会話が...。

  • 家内: すごいね、ロードバイクのおじさん達をごぼう抜きじゃない?
  • 自分: ゴールタイムが1時間24分そこそこじゃなかったかなぁ。大半のロードバイクの男性より早いぐらいなんだ。
  • 家内: あなたはどれぐらいのタイムだったの?
  • 自分: 1時間26分台だよ。
  • 家内: えー、遅〜い。
  • 自分: そんなー。矢沢さんはオリンピックを狙う、日本で3本の指に入る選手だよ。そういう人と初心者のダンナを比べるなよー。(笑)

これがちょっとした刺激になって、せっかく出るのなら去年のタイムの更新ぐらいはして来ようと路線変更。自己記録更新への具体的な方法を考えてみることにした。

作戦

去年一度出て、自分を抜いていく速い人たちを見て気づいたのは次の2点。

  • すごく速い人(年代別のトップグループ)は、そもそも自分とは使うギアが全く違っている。
  • 次に速い人(1:20レベル)は、急斜面で使うギアは自分とそれほど変わらないが、緩斜面で一休みせず、シフトアップして速度を上げている。

一方、自分の去年のログを見返すと、急斜面で頑張った後でほっと一息タイムがあり、そこでは速度・ケイデンスはほとんどそのまま、心拍数はやや下降していることが分かった。
自分と地力が全く違う「すごく速い人」の真似はできないけれど、「次に速い人」の走り方を真似すれば、去年よりいいタイムでゴールできそうだ。そこで、次のように作戦を立ててみた。

  • 急斜面では無理せず、前年と同じ速度(13〜15km/h)とケイデンス(80〜90rpm)を目安に進む。
  • 緩斜面に入ったら素早くシフトアップし(ケイデンスを保てる限度で)、できるだけ速く20km/h台に速度を上げる。心拍数を下げない。

それが思いどおりにできた場合の理想的な区間タイムを次のように設定。

  • 0-5km → 18:30
  • 5-10km → 17:00
  • 10-15km → 17:00
  • 15-20km → 17:30
  • 20-24km → 11:00

これを合計すると1時間21分になり、去年より5分短縮できることになる。この理想どおり行かなくても、自己記録の更新には繋がりそうだ。