自転車がちょうどいい

Mt富士ヒルクライム 自己記録大幅更新を狙った結末は...

3 前日編

出発〜くろださんと合流

午後5時に起床、軽く外をランニングしてからゆっくり風呂に入る。出勤する日と同じ6時台に朝食を済ませ、7時すぎにいざ出発。

富士山麓までの経路としては中央道と東名が考えられたが、中央道だと自分が乗る頃にはかなりの渋滞になるだろうと判断して、東名のインターへ。
これは結果的には正解で、ラジオでは「中央道下りは小仏トンネルを先頭に15kmの渋滞」と言っていた。
東名のほうは渋滞の名所・大和トンネルで速度が50km/hぐらいに落ちただけ、幸い一度も止まらずに済んだ。心配した御殿場の出口渋滞もなく、東富士五湖道路までスムーズに進んでいく。

東富士五湖道路を富士吉田ICで降り、待ち合わせ場所の富士吉田駅へ向かう。
くろださんは都内、自分は横浜市北部に住んでいる。自分が都内まで迎えに行くか、インターが近い駅(例えば町田、市が尾など)で待ち合わせというオファーをしたのだが、くろださんは長時間のクルマ移動が苦手とのこと。新宿まで自走して輪行、一度も乗り換えなしで行ける直通電車に乗っていくとの連絡があった。

富士吉田駅には、その直通電車が着く15分ほど前に到着。
駅前の駐車場にクルマを駐め、改札口で待っていると、ロードバイクを輪行袋に入れた人たちが7〜8人は降りてきて、さっそく駅前で自転車を組み立て始めた。これから北麓公園まで自走するらしい。
少しして重そうな輪行袋とリュックを持ったくろださんが登場。まずMTBと荷物を自分のクルマに載せ、駅ビルの地下で弁当を買ってから北麓公園へ向かう。

北麓公園に到着

到着するとちょうど駐車場が開いて少し経った頃。待たずにすぐ入ることができた。
まずは営業を開始したばかりの各テントを少し流してみる。見たところ玉石混淆で、例えばパールイズミのジャージなどはたいした割引もされておらず、別にここで買わなくてもと思う。

これはお買い得!と思ったのは、ドイターの半額リュック。自分はリュックをいくつか持っているのでパスしたが、見る見るうちに売れていく。
もう1つはコラテックのテント。代理店が変わるのでスペシャライズドの製品が安く売られていた。ここで自分は指なし・指ありのグローブ各1(定価の半額)を購入。スリックタイヤ(へミスファー)の1本1000円にも惹かれたが、既に持っているのでパス。くろださんはカーボンソールのMTBシューズ(定価の半額以下)をお買い上げ。
他、自分はDeFeetのテントでアームウォーマーとニーウォーマー(パールのが気に入らず買い直そうと思っていた)、くろださんはDeFeetやNikeのソックスその他をゲット。

13時から受付が始まり、男子のところには行列ができ始めた。ステージでは歌やゲストトークショーが始まり、いよいよお祭りっぽくなってくる。
自分たちはステージ前の屋根の下に入り、弁当を食べる。そして、腹ごなしに軽く試走でも...とクルマに戻ったタイミングで、くろださんと同じくうめ吉さんのサイトで知り合った、たけさんご夫妻のクルマが隣に!(くろださんは引きが強い人なのだ。)
さっそくご挨拶し、しばらく立ち話。今回はたけさんの奥さんもMTBで走られるとのこと。

本番コース試走

水とウォーマー類、それに小銭を持ち(今日のスバルラインは有料で200円)、試走に出かける。
くろださんは平坦基調ではかなり速く、急勾配はやや苦手な様子。「無理をせずインナーを積極的に使い、勾配が弱まって余裕があればミドルに入れることにしては?」とアドバイス。
駐車場で小休止の後、「試走なのだから遠慮せずに自分のペースで走ってください。上で待っていてくれればいいですから。」とのお言葉に甘えて、3.5km地点から1合目(5.2km)まで、想定しているペースで走ってみた。心拍数を下げない、休まない走り方は結構きついものだと実感する。

自分の力から見て、スバルラインを全部登ったら翌日に差し支えることは間違いないので、コース試走は1合目までで終了、くろださんの写真を撮って下ってくる。
本番では止まって写真を撮る余裕はないので、自分もスバルラインの料金所前でちょっと記念撮影。(撮影:くろださん)

試走後、スバルライン料金所にて

せっかくなので試乗

北麓公園に戻って自転車を片付け、ちょうど始まっていたオープニングパーティを覗いてみる。用意された食べ物は見る間に無くなっていき、取るだけ取って食べ残している人さえいるのを見て、何だか幻滅。

改めて各ブースを見たところ、各メーカーの主な車種が試乗できるようになっていて、しかもサイクルモードより待ち時間が短そう。くろださんは「いずれはちゃんとしたロードバイクを買いたい」という意向を持っているそうなので、「せっかくだから、宿へ行く前に何台か乗ろうよ!」と誘う。
まずはPINARELLOに乗ってみたのだが、サイズがいまいち合わず乗りづらそう。少し離れにあったGIANTのブースで、くろださんがプチ監督(内山さん)を発見。プチ監督の私物だというバイクをお借りし、サドルを調整しながら何週もさせて頂いたうえ、記念撮影までお願いしてしまった。
くろださんによると、踏み出しが軽くて操舵しやすかったとのこと。自分はSRAMのシフターの実機を初めて触り、シフトダウンとアップのレバー操作が同方向なのに、意外に誤操作がなさそうでちょっと感心。

宿にちょっと不満...

この後、会場を後にして、宿へチェックイン。ところが、なぜか2部屋とも「喫煙ルーム」になっていた。受付のお姉さんは「富士急トラベルさんにそう言われてますから」とのつれない説明...。
受付画面にも送られてきた控えにも、禁煙喫煙の記載は一切なく、「喫煙ルームでもいいですか」という確認も全くされていない。
料金を普段より嵩上げしたばかりか、この「断りなく喫煙ルームを割り当てた」という点に強い不満を持ったので、富士急トラベルには後日抗議予定。

写真は食事に出る前に宿の近くで撮った富士山。当然だが、いつも自宅から見ているのと違って迫力がある。明日はあの山の半分ぐらいまで登るのかと思うと、年がいもなくワクワクしてくるものだ。

宿の前から見た富士山

夜は明日に備えてファミレスでたらふく炭水化物や甘いものを摂取(やや食べ過ぎかも?)。
ホテルに戻ってからそれぞれ入浴を済ませ、10時前には就寝。