自転車がちょうどいい

Mt富士ヒルクライム 自己記録大幅更新を狙った結末は...

4 当日編

当日朝

携帯の目覚ましで4時に起床。パン・カップのうどん・ヨーグルト等を食べ、着替えてから5時前に宿泊先をチェックアウト。

駐車場に着いてみると、せっかく北麓公園の券を持っていたのに、その中で一番遠い野球場のウラへ誘導されてしまった。後で見るともっと遅く来た(6時とか)クルマがかなり近いところへ通されていて、ちょっと不公平では?と思った。(これも後で文句を言おうと思う。)

各自のバイクを組み立て終わり、まだリュックを預ける締切まで時間があったので、自分は少し時間をもらってローラー台でウォームアップ。ところが、なんと前輪の置き台(マグライザー)を家に忘れてきてしまい、ペットボトルがたくさん入ったゴミ袋の上に前輪を置いて乗車。周りからは盛んにローラー台の音が聞こえてくるが、自分のは際だって音が静かだ。
20分強の間に、インナーローから始めて徐々に心拍数を高め、165まで上げてからクールダウン。これで体が目を覚ました感触を持てた。

次にスタート会場へ行き、まず5合目へ向かうトラックに防寒具の入ったリュックを預ける。リュックにはテープを巻いておき、ゴール後に見つけやすくなることを期待。
この後、念のためトイレに行く。トイレ待ちは離れたところほど短くて済んだようだ。行列の向こうには、自分たちを待ちうける富士山。上のほうには雲がかかっている。今年の5合目の寒さはいかほどか?

富士山(とトイレ待ち行列...)

そして、年齢別の集合地点へ整列。少し経つと開会セレモニーが始まった。来賓の挨拶を聞きながら、アミノバイタルゼリーを1袋食べる。去年と違って挨拶を聞いている間もそれほど寒くなく、ウォーマー類を着けていれば充分我慢できる程度なのが嬉しい。反面、これほどの好天だと途中まではかなり暑いのでは?とやや心配になってくる。

スタート〜5km

午前7時すぎ、まずアスリートクラスが勢いよくスタートしていった。以後、5分間隔で各グループがスタートしていく。
緊張しながら待つこと10数分、ようやく自分の番がやってきた。アームウォーマーとニーウォーマーを取ってジャージのポケットに入れ、自転車を押してスタート地点へ移動。

スタート直前の様子

秒読みの後、いよいよスタート!自分はほぼ真ん中からのスタートで、混み合っているので公園内ではのろのろと進む。
公道に出ると、何人かが勢いよく飛び出していく。徐々に心拍数を上げるつもりだったので始めはスローペースで進み、計測地点が近づいたところで140までアップ。

スバルラインへ出る交差点を曲がると、いよいよ計測開始地点が目に入る。
手前の坂をゆっくり登りながら、落ち着いてEdge305のスタートボタンを押し、サイコンをリセット。やや勢いを付けて計測開始地点を通過。
まずは、ぐっとせり上がって見える料金所直後の急坂に突入。心拍数が事前に目安と決めていた160台よりやや高い170強になったので少しセーブ。34x21〜25の3枚を中心に使い、ケイデンス90で上がっていく。

去年は道幅いっぱいに自転車が並んでしまい、とても抜きづらかったのだが、今年はスタート順を工夫したようで、それほどひどい渋滞ではない。
友達どうしなのか、前のグループの遅い人たちが横に3〜4台並んでいるのはかなり邪魔だったが、ほとんどは短い時間のみ左車線の右端に出れば問題なく抜けた。
後ろから次のグループの先頭がすぐに来ることは分かっていたので、邪魔をしないよう、左車線の中央あたりをキープ。

そのまま進んで約3km過ぎ、連続的に急勾配が続く区間が終わる。予定どおり、シフトアップして速度を上げていく。
少し勾配が急になったらまた軽いギアへ。目に見える車列のせり上がり度と脚に感じる重さを基準に、まめにギアチェンジ。心拍数とケイデンスは極力キープ。
この時点では心臓、脚ともにレスポンスがよくて、内心では「ひょっとすると作戦に近いペースで行けるかも?」と思う。

1合目が近づき、5kmの計測地点を通過。
Edge305で通算時間を見ると、18分30秒ちょっとになっている。去年比で1分半以上の短縮だ。ちょっと気をよくして次の5kmに臨む。

5km〜10km

引き続き、勾配の変化に対応してまめにギアチェンジをするよう心がけて進む。
スタートから5kmまでに比べると傾斜がきついところが少ないので、フロントインナー、リアは場所によっては14〜15まで上がることもあった。
周りの速そうな人たちも着々とペースが上がっているようだ。

早くも後ろから次のグループのトップ層が抜いていく。まず2人、少し置いて3人目。
最初の2人は競り合っているのか、先頭に2人目がただ付いているだけか分からないが、とにかくすごいスピード。フロントをアウターに入れ、25km/h以上は出ていそう。左車線の右端を走っている人を「左に寄れ!」と怒鳴りつけながら、ダンシングで駆け抜けていく。

去年に比べてかなり暑く、この辺りで額から汗がしたたり始めた。汗止めのバンダナ等をしてこなかったのはやや失敗。グローブの背で拭うのだが、ちょっと油断した隙に左目に汗が入ってしまって痛い。
息が結構苦しいので面倒なのだが、この暑さで脱水症状になると困るので、5分に1回はハンドルバーからボトルを取って口へ運ぶように心がける。

8km地点でまた斜度が上がり、34X23へシフトダウン。それが終わってまたシフトアップ。
今のところ、心拍数を下げないように走り続けるという作戦に沿った走り方ができている。

10kmの計測地点を通過。手元の時計では、この5kmは17分を少し切ったぐらい。このままペースを保てれば、理想タイムに肉薄できそうだ。あとはどこまで持つか?

10〜15km

10kmを少し過ぎて、先にスタートしていたくろださんに追いついたので、「頑張って!お先に」と声を掛ける。見たところ、足どり(輪どり?)が乱れてなくて、姿勢も保てているようだ。これなら、問題なく完走できるだろう。

時間の経過とともに同グループの人たちが散らばったようで、周りに同じ色のゼッケンの人が少なくなってきた。次のグループの速い人たちが、一人また一人、自分を追い抜いていく。

さっきのトップグループでは次元が違いすぎて無理だが、この人たちには少しなら付いていけるかも?と思い、ちょっと試してみる。
ところが、さっきまでのようにスッとスピードを上げられない。何だか脚が重くて、シフトアップするとケイデンスを保てないのだ。

Edge305の心拍数表示を見ると、150台前半まで下降してしまっている。ギアは軽いままでケイデンスを上げれば良さそうなものだが、心拍数の割には息が苦しくてそういう余裕も無くなってきた。

CC-RD100に表示した平均速度も、さっきまで17km/h近かったのが、16.6→16.5→16.4と徐々に下降してきた。このまま行くと、ゴールタイムが去年と変わらなくなってしまうおそれさえある。

このあたりから、同じ色のゼッケンの人たちに時々追い抜かれるようになる。おそらく10km過ぎあたりまでに、自分が追い越して来た人たちだろう。自分のペースが下がったことはそこからも伺えた。

う〜ん、これはちょっと厳しいなーと思いつつ、2kmほど走り続けて、15kmの計測地点を通過。
この5kmで18分近く使ってしまったことに気づいて、ちょっとがっかり。

15〜20km

前の5kmですっかりペースは落ちてしまったが、まだ自己記録の更新は十分可能なので、次の5kmを頑張ろうと気を取り直す。去年はこの5kmがかなり遅かったので、走り方しだいでは短縮できるかもしれないのだ。

とはいえ、徐々に太股の裏全体と脚の付け根(内側と尻の後ろの両方)が張ってきて、言うことを聞かなくなってきた。
脚がつらない程度には無理をしようということで、時々脚の様子を確かめつつ、可能な範囲で速く走るように心がける。心拍数は相変わらず150台前半。

17km地点あたりで、ゲストの鈴木真理選手(ミヤタスバル)が一般の人と話しながら走っているところに追いついた。
自分は相当にへばりつつも「お疲れさまです!」と挨拶したところ、「お疲れさま、頑張ってください!」と笑顔で激励してくださった。

鈴木選手は記録云々ではなく、一般の人を激励しながらゆっくり走っているようだった。
かなりケイデンスが低くて流している感じ、話し方は普通で全然息が上がっていない。あぁプロってすごいなーと改めて感心。

そして、この区間の山場、19〜20kmの山岳賞区間へ突入。
ここでリアを1段シフトアップして、封印していたダンシングをついに解禁。少しバイクを左右に振りながら、自分にしてはちょっと頑張ったペースでつづら折りを駆け上がっていく。
本当なら、まるで田代選手か狩野選手のように力強く上がって行ければかっこいいのだが、何とか腰を引いた姿勢を保つのと、バランスを崩して大きくよれないようにするだけで精一杯。
それでも「ここを乗り越えればあとは勢いで何とかなる」という気持ちから、ペースを緩めずに走り続ける。

20kmの計測地点を通過。この5kmは18分30秒弱だ。作戦上のタイムからは大きく遅れてしまったが、それでも去年よりは30秒ぐらい速く走れた。ここから最後までを頑張れれば、まだ1時間22分ちょっとにはできる余地がある。

20km〜ゴール

ここでシッティングに戻し、いったんシフトダウンして呼吸を落ち着かせる。さっきのダンシングで太股の裏がいよいよ棒のようになり、まるで自分のものではないみたいだ。
でも、登りはゴール前を除けばあと少しだけ、もうすぐ2kmの平坦区間が待っている。あと少し、あと少しと自分に言い聞かせながら脚をきれいに回すことだけに集中して、平坦区間を待つ。

ふと気がつくと、あたりは一面の霧。標高がかなり高いので、ほとんど快晴と言ってよかった3合目までとは気候が違うのだろう。
山岳賞区間で大汗をかいた後なので、冷たい風に当たってグッと冷えてきた。腕を見ると少し鳥肌が立っている。それでも去年の大雨のことを思えば軽いもの。

ようやく平坦区間が近づき、霧の中に、先にそこへ到達した人たちがスピードを上げていくのがうっすら浮かんで見えた。
勾配が緩くなっていくところで勢いを付け、平坦区間に入ったらかっ飛ばしていくのが理想の走り方なのだが、もはや脚が言うことを聞かず、その助走で充分な勢いを付けられない。

完全に平坦基調に変わってから、ようやくフロントをアウターに入れて加速して行くも、メーターを見るとまだ25〜26km/h。
約2kmの平坦区間を25km/hで行くのと、35km/hでカバーするのとでは、1分近い差が出てしまう。これはちょっと拙い。
そこで、空気抵抗が少なくて力が入れやすい下ハンに持ち替え、歯を食いしばって渾身のスピードアップ。何とか速度を30km/hちょっとまで上げられたので、そのままキープして進む。
早くも下山組になって並んでいる人たちから、「ラストラスト!」「頑張れ!」と声がかかる。こういう声援をこれほどありがたいと思うのは初めてだ。

最後の力走中...

平坦区間があっという間に過ぎ去ると、待っているのは約500mの激坂。坂下に近づくと人波がせり上がって見え、喘くような感じで蛇行している人も見えてきた。
いざ坂下に到達。ここでフロントアウターのまま少しリアをシフトダウンしてダンシングで耐えようとしたが、全然回せない。結局インナーローまでギアを落とし、速度も10km/hぐらいまで落ちてしまう。正直、まっすぐ走るのがやっとの状況。

1kmか2kmか、とにかく実際の何倍かに感じられる長い坂。もう速度とかケイデンスとかを気にする余裕はなくなり、顔を上げて霧の彼方のゴールを見据え、ひたすら漕ぎ続けることしばし。いったい何人に抜かれただろう?と思った頃、ようやくゴール地点の計測ラインが見えてきた。

去年のようにカメラ目線でガッツポーズする気力もなく、ゆっくりとゴールラインをパス。
Edge305のタイマーを止めると、1時間24分ちょうど。計測開始地点よりやや前でスタートボタンを押したので、たぶん23分台ぎりぎりだろう。

ゴール後下山まで

そのまま、誘導路を通ってリュックの置いてあるエリアへ進む。
自転車から降りてみると、やはり太股がパンパンで普通に歩けないほど。正直な話、今まで緩い乗り方しかしたことがなくて、これほど筋肉を酷使したのは初めてだ。

その筋肉痛に、履いているのがロード用のシューズであることも手伝って、ペンギンのような歩き方で自分のリュックを探しに行く。
幸い、テープでぐるぐる巻きにしておいたので、それほど時間がかからずにリュックを発見。なぜか逆さまになって自分の帰りを待っていた。

主を待っていたリュック

既にかなり多くの人が着いていて、霧深く寒い中、それぞれ着替えたり何か食べたりしているようだった。ちなみに、女子には着替え用のクローズなスペースが用意されているのでご安心を。

霧の5合目

自分は携帯で上の写真を撮った後、テントで水を1杯もらって飲み干し、奥の仮設トイレのほうまで自転車を押していくと、壁際にどかっと座り込んでそのまましばらく動けず。
しばらく経って我に返り、リュックに入れて来た服や小物を広げて防寒着に着替えようかと思ったところで、記念写真を撮っていないことを思い出す。隣で帰り支度をしていた男性にお願いしたところ、快く撮って頂けた。それがこの1枚。

完走記念に1枚

都合20分ほど休んだ後で下山待ちの列に並び、ゆっくりと下り始める。
霧はますます濃くなり、ぼちぼちやってくるはずのくろださんを確認しそこなったほど。
これは霧を想定してテールライトを1つリュックに入れておくべきだったなぁ、と反省しつつ、前の人と距離をとって注意深くダウンヒル。

3合目まで来ると霧が消え、暖かさが戻ってきた。途中でイヤーウォーマーとネックウォーマーを外し、制限速度を超えない程度に速度アップ。
去年と違って天気がいいと、ダウンヒルはこんなにも気持ちがいいものなのか...。と、ある意味感心してしまった。それに、今日に限っては後ろから一般のクルマが来ないので、その面での安心感もあるし。
写真は下から約3kmのところにある駐車場に待避して、上方向を撮ったもの。空の青さといかにも爽快な感じが少しは伝わるだろうか?

ダウンヒルを楽しむ参加者たち

あれほど苦労して登ったコースなのに、帰りは40分かそこらで降りきってしまった。何とあっけないことか。間もなく、無事に北麓公園へ到着。

下山後

公園へ戻ると、すぐに階段を上がって自分のクルマへ。着替えをして自転車と荷物を片付け、持ってきたプロテインを飲むと、くろださんを迎えに本部前へ向かった。(野球場の裏からだと歩いていくのは苦痛です...。)
歩きながらメールしたのだが、返事が来ない。そろそろかなぁ?と吉田うどんコーナーに来たところで、無事発見。くろださんのPHSが圏外になったとのこと。(もっと頑張れ!>ウィルコム)
ご本人によると、給水所で水や補給食を摂りながら登っていき、2時間半弱で無事完走。帰りのダウンヒルは最高!とのこと。MTBは油圧ディスクブレーキで、下りの制動力はきっとバッチリだったと思う。

一緒にうどんを食べつつ、しばし休憩。暑さのせいもあってか、残念ながら去年ほどうどんをありがたいものと感じられなかった。改めて見てみると、1杯の量が結構ある。自分は完食したが、くろださんは食べきれなかったようだ。

帰りは時間が早いほど渋滞が軽いので、戻ってきた人たちはうどんを食べ終えるとそそくさと帰ってしまうのが普通。
自分たちは「ここまで来たらじゃんけん大会までいようか」と、表彰式を見たり、土産物を物色したりしながら少し待つ。写真は男女総合優勝の藤田選手と山島選手。

男女総合優勝の表彰

最後はfunride編集長とのじゃんけん大会。自分はじゃんけんが弱い方だが、今日は珍しく1回だけパターンが読め、「koga-miyata」のロゴが入った紺色のメカニックシャツをゲット。これは胸のポケットが細く分かれていて、アーレンキーやドライバーを入れられるようになっている。

くろださんは自分と同じシャツ、それに去年のMt富士のTシャツの2点をゲット。
他にはローラー台、ヘルメット(MET)、フレーム、ハイドレーションバッグ等々、結構よい景品が出ていた。

帰り際、壁に張り出されたリザルトを確認すると、自分のタイムは予想どおり1時間23分台ぎりぎり、くろださんは2時間台前半と大健闘だった。自分と同じグループに出た鶴見辰吾さんの名前が自分よりずっと上にあり、すごいなぁと驚く。

イベントが全てお開きになり、クルマに戻ってくろださんのMTBを格納。
既に周りに1台もいなくて寂しい絵だが、ご参考までに2台を車載した状態を載せておこう。
このクルマはVWのPolo(9N)で、車格的にはコンパクトカーの部類に入る。それでも、両輪を外してロードのフレームを倒立させ、その横にMTBのフレームを横倒しにすれば、ホイールやローラー台、着替え等も含めて余裕を持って積むことができる。ホイールやクランク周辺などには古い毛布等をかぶせて、破損や汚れを防止。
MTBのフレームも倒立させて積めるのだが、油圧ディスクなのであえて横倒しにしている。

車載の様子

北麓公園を後にして、くろださんが宅配便を出すため(買い物しすぎ!+抽選で当たったものもあったので)コンビニ休憩。すっかり身軽になったくろださんを富士吉田駅までお送りし、改札でお見送り。
帰りはまた東富士五湖道路から東名へ回る。大和までの渋滞20kがちょっときつかったけれども、午後6時半過ぎに無事帰宅。