自転車がちょうどいい

Mt富士ヒルクライム 自己記録大幅更新を狙った結末は...

5 まとめ

まとめ

大会全体を通して天気もよく、お祭り気分を満喫できた。今年は特にくろださんという道連れがあったので、より一層楽しめたのだと思う。改めてお礼を申し上げたい。

ヒルクラのほうは、トレーニング不足で途中から作戦どおりにこなせなくなってしまった点は残念。去年とのタイム比較は表のとおり。10〜15kmでがくっとペースが落ちたことと、20km以降で去年よりずっと時間がかかったことがよく分かる。

距離 '06 '07 '07-'06
5km 20:22 18:36 -01:46
10km 38:09 35:30 -02:39
15km 56:08 53:24 -02:44
20km 1:15:04 1:11:47 -03:17
24km 1:26:32 1:23:59 -02:33

区間 '06 '07 '07-'06
0-5km 20:22 18:36 -01:46
5-10km 17:47 16:54 -00:53
10-15km 17:59 17:54 -00:05
15-20km 18:56 18:23 -00:33
20-24km 11:28 12:12 +00:44

平均ケイデンスは去年が83、今年が87。平均心拍数は去年が153、今年が157。

振り返ってみると、今回の作戦自体はおそらく正しくて、もう少しスタミナがつけばこの走り方で1時間20分に肉迫できるだろう。
それ以上、例えば1時間15分とかになると、また全然別の世界になってくるとは思うが。

防寒具は、今年の快晴っぷりからしたらやや大げさだったかもしれないが、去年並みに近いことはあり得るだろうから、来年も同じ程度の準備をしようと思う。

今回新調したサイコンのCC-RD100は、本体が小さい割に速度の文字フォントが大きくて見やすく、ワイヤードゆえに安くて良い買い物だった。(これから買う人でケイデンス計も欲しい場合は、新しく出たCC-RD200の方をお勧めしたい。)

ちょっと失敗だったのは宿の件。これは、大会の受付が始まるより前に直接予約してしまえば、「富士急トラベル縛り」も、勝手に喫煙ルームにされることも、ついでに普段より高い「特別」料金を吹っ掛けられることもないはず。来年はぜひ試してみよう。いや、実は来年の分はもう押さえられてたりして。(笑)