自転車がちょうどいい

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝 無謀にも初参加で100kmにエントリーしてしまった顛末記

その1 前々日まで

1月

年頭に「今年は本格的なコンペティション以外で、メジャーなイベントにいくつか出てみよう」と思った。
ここ数か月の自転車雑誌をめくっていたら、SDA王滝の記事が目に留まる。

記事によると、未舗装しかも石がごろごろしている林道を走破するイベントで、完走するだけでも結構難しいのに、毎年すぐ締切になるほど人気があるらしいとのこと。
そんなに厳しいのに人気があるということは、何か人を惹きつけるものがあるのだろうと思い、候補の一つに加える。

どうせ高速代・ガソリン代・宿泊費を掛けて行くなら、42kmではすぐ終わってもったいない。そこで、距離は100km・目標はまず完走、と設定。
今年は6月と9月があり、6月のほうがより人気薄で申込が受理される可能性が高そうだが、ゼロから準備して6月では辛いので、倍率が高いのを承知で9月に申し込むことにする。

3月

6月のMt富士ヒルクライム、その練習として出る4月のツールド草津に向けて、ロードの練習は始めていたが、王滝については特に準備もせずに、受付開始の3月1日を迎える。
申込は郵便のみで先着順とのことなので、深夜に申込書PDFを印刷して書き込み、早朝の出勤前に本局で速達を出す。
これでも受理されるかどうか分からないので、内心ドキドキしながら待つ。

4月

4月14日になって、ようやく申込受付ハガキが届く。第2希望を書かなかったのでダメかとも思ったが、幸運にも9月にエントリーできることになった。

具体的な機材の検討に入る。様々な雑誌記事や参加者のブログを読むと、大抵はフルサスやディスクブレーキを勧めている。
手持ちのMTBは通勤に使っている10年物のハードテイル、しかもカンチブレーキで、オフロード初心者の自分が頼る機材としては心許ない。

そこで、普段からお世話になっているうめ吉さんのQ&A掲示板に、王滝用の装備について書き込みをする。間もなく皆さんからレスがあり、総合すると、

  • 厳しい環境を走破するので、機材は信頼できるものであることが必要
  • ハードテイルでも行けないことはないが、オフロード特に下りに自信がないならフルサスがベター

とのこと。機材についてはまだ迷いつつ、とりあえず郵便局で参加料を入金して、出場権を確保。

5月

この際、MTBを新調することを決意。しかし、1年で仕事が一番忙しい時期でもあり、Mt富士ヒルクライムに向けてオンロードの練習を少ししただけで、機材の検討はストップ。

6月

6月の王滝が終了した頃、いくらなんでももう準備しなければと思い、自宅から10kmほどのところにある有名なショップ「轍屋」さんを訪ねて相談。
オフロード初心者で下りに不安があると話したところ、ピュアXCよりはオールマウンテンタイプがいいでしょう、との回答。
TREKとGIANTの完成車、フレーム売りのSALSAを勧められ、カタログを持ち帰る。

7月

やはりピュアXCは止めて、100mmトラベルに絞ってさらに検討。結果、

  • 完成車よりは高くつくかわりに、初めから自分の好きなパーツで組んでもらえる
  • スカンジウム合金は軽くて強そう(実はよく分かってない)
  • フレームの色づかいやロゴが気に入った
  • ある程度珍しいメーカーの方が、レース前に自分のマシンを見つけやすい

ということで、'06 SALSA El Santoに決定。

轍屋さんでその旨を話してパーツのセレクトの相談に乗って頂き、ついに正式発注。
後日うめ吉さんの掲示板で知り合った3人の皆さんと一緒に轍屋さんに行き、めでたく納車。
全員が交代で試乗し、皆さんからは踏みが軽くて下りも安心、乗って楽しいバイクというコメントを頂く。

8月

実はまだローラー台を持っていないので、梅雨の時期にあまり乗れていなかった。
8月は通勤プラス、オンロードでもよいから週1回は100km以上乗ることにして、自宅から宮が瀬湖か大垂水峠まで往復する。

並行してオフロードの練習もようやく開始、神之川林道を1回(自走)、轍屋さんの林道ツーリングで道志を1回(クルマで移動)の練習。
林道ツーリングではエリート組(120km出場者多数)には全く付いていけないものの、上りでのトラクションのかけ方、下りでの姿勢など、徐々に掴めてきた。
また、自分は非常に痩せて軽いため調整が必要と思っていた、サスやタイヤのエア圧についても、おおよそのイメージができてくる。

宿泊のほうは、年齢的にそろそろ車中泊が辛くなってきたので、轍屋さん一行に合流をお願いしたところ、幹事さんに快諾して頂く。

9月

携行品のリストを作成。
補給食数点、ウェットタイプのルブリカント(フィニッシュライン)、チェーンのコネクトピン2本を買い足す。

練習は引き続き、通勤+週1回100kmの実走、但しロードではなく本番用のMTBを使用。
MTBで舗装路を100km走るのは、スピードが出なくてかなり辛かった。

1週間前から少しずつ起床時間を早め、木曜以降は4時起き。
炭水化物の摂取量を少し増やすとともに、水分・ミネラルも多めにとる(ポカリスウェットを使用)。

前々日

当日の天気予報は降水確率50%、九州に来ている台風の影響で前線が活発化する可能性があるとのこと。雨具上下持参+体が濡れると冷えて辛いので泥よけの用意をする。

  • 後輪:会社帰りに轍屋さんでマッドガード(フラップ)を買ってきて取付。
  • 前輪:薄いプラスチックの板(ライトか何かが入っていたケースを切り取ったもの)をタイラップ留め。(プロは古タイヤで同様の対策をしているとの情報、ショップ店長より。)

フレームのダウンチューブ下面、トップチューブ上面(ワイヤーがあたる部分)、バッグ等をベルクロ留めするところなどに、養生テープ貼り付け(タイヤバースト時の非常用を兼ねる)。

夜9時半、荷造り&MTB車載を完了して就寝。