自転車がちょうどいい

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝 無謀にも初参加で100kmにエントリーしてしまった顛末記

その2 前日〜当日

前日

駐車場からステージ方向を撮影

三連休の初日なので、ひどくなる前に渋滞の名所である「元八王子バス停」や「小仏トンネル」を通過したかった。
4時起床、軽くパンやバナナを食べてから5時に出発、町田街道経由で八王子ICから中央高速に乗る。
狙いどおり、40〜50km/hに落ちても止まることはないまま、小仏トンネルを通過、適当に食事や休憩をしながら進む。

11時に松原スポーツ公園到着。既にテントを立てて宿泊準備万端の人たちがいる。さすがに早すぎたので一度村の中心街へ戻り、王滝食堂にてイノブタ丼で昼食。

王滝食堂で食べたイノブタ丼

12時半にスポーツ公園へ戻り、ODBOXのブースを物色していたところ、スペシャの竹谷選手に遭遇。

竹谷選手には昨年ホノルルのツアーでお世話になったのだが、自分の顔を覚えていて下さった。
「どちらにエントリーですか?」「100キロの方です。明日は天気が悪そうで心配になってきました。」「雨で気温が下がると、水はあまり飲まなくてもいい代わり、補給は多めにした方がいいですよ。」などという会話。

受付開始直後

13時からの受付を早々に済ませてクルマに戻り、MTBとヘルメットにゼッケンの取付。
この後は宿に行き、轍屋さん一行に合流。風呂・夕食・補給食の準備等々、楽しく過ごす。ノリはほとんど“合宿”であった。

先輩たちとの会話の中で、前に途中でクリートが外れたという話があり、念のために自分のシューズを確認。左右合計でボルト4個のうち、1個が本当に緩んでいたので増し締め。
ハンドル・ステム・ブレーキなども緩みがないか最終確認。

明日は早いので、8時半ごろ消灯。

当日朝

3時、メンバーが徐々に起き出し、着替えや食事を始める。自分も眠い目を擦りながら起床。
まずは宿から出たおにぎり2個、バナナ2本、パワーバー1本、BCAA1袋を摂取。
その後は着替え、心拍センサーの装着、補給の準備。

補給準備はまず、ハイドレーションパックに水1リットルを入れ、トップテン2本とCCD2袋を加えてシェイク。これで約1000キロカロリー分。
パワージェルを4本、口直し用の真水500CCボトル1本。
さらにアミノバイタルゼリーを3個携帯し、チェックポイントで1個ずつ飲むことにする。(途中で固形物は食べられない、とはじめから想定。)

スタートを待つEl Santo号

4時に宿を出発、松原スポーツ公園に到着して、まだ真っ暗な中でMTBを用意(サドルと前輪の装着、タイヤエア圧の確認)、スタート地点に並べる。
ライトは持参したのだが、緊張のためか前輪のディスクが一発で入らなかったりして手間取り、着いたときは既にかなりの数のMTBが並べてあった。(結果的には中段ぐらいだった。)

スタート30分前、トップテン1本とアミノバイタルゼリー1本を摂取。

夜明け前は寒く、雨具の上とレッグウォーマを着けていたが、夜が明けてきたらかなり天気がよさそうなので、とりあえず雨具は脱いでリュックに入れる。
置いた自分のMTBを写真に納めようとシャッターを切ったところで、デジカメの電池切れで電源が落ちてしまう。もはや充電する時間も写ルンですを買いに行く時間もないので、諦める。

スタート〜第1CP

セレモニーの後、6時ちょうどにスターターの合図でスタート。
1分位経って、自分がいる付近の列がのろのろと動き始めたのに合わせて始動。
林道入口までの間で何度か前が詰まり、足をついて停止してしまう。

事前のプランでは、下りの下手さをカバーするため、第1CPまでの上り区間である程度稼いでおくつもりだった。
しかし、林道に入ってからもダブルトラックにとぎれることなく他のライダーが並び、ラインを外して石だらけの中央に出ないと抜くことができない。
何度か回転数を上げたりギアを上げたりして抜くことを試みたが、その上げ下げで少し疲れてしまい、結局思うようにペースは上がらない。
結局、前が空いて楽に抜けそうなところだけはそうするが、残りは前のライダーがよほど遅くない限り、そのまま着いていくようになってしまう。

最初の上り区間の途中、ハイドレーションに入れたスペシャルドリンクを飲み始めつつ、ふとGPSを見ると、衛星が見つからないというエラー表示が出ている。その辺りはやや落ちくぼんだ林道だったので、ロストしてしまったようだ。
やや見晴らしがよいところまで出てしばらく停止すれば、復活する可能性は高い。
しかし、初参加でこの先何があるかも分からない状況で、数分でも無駄にできないと考え、そのまま走行を続ける。
GPSのロスト状態はこのあと約6kmにわたって続き、走行距離や平均時速の表示も狂ってしまった。

バックアップとして付けていたCATEYEのサイコンも、振動でセンサーがずれてしまったらしく、速度表示がゼロに。
この後第1CPまで、プロフィールマップとコース上の距離表示だけを頼りに走行する。

スタート後90分ほど経って、ようやく最初の上りが終わり、下り区間に入る。
自分が下りで飛ばせないことは分かっていたので、後ろから速い人が来たらラインを譲って抜いてもらう。
乳酸を溜めないよう、下りでも多少は脚を回すよう注意はしていたのだが、下りがあっという間に終わって上りになると、前にも増してきつく感じられる。
その繰り返しの疲れで、第1CP手前3kmぐらいから、だんだんヘロヘロになってくる。
心拍計を見ると上りでも140台で、もっと追い込めるはずなのにと思いつつ、ちょっときついとすぐインナーローに入れてしまい、速度はおそらく7〜8km/hに低下。

正確な速度や距離が分からなくなったこともあって、とてつもなく長く感じられた上り返しの後、ようやく「減速!まもなくチェックポイント」の表示が出てくる。
表示どおり、間もなく第1CP到着。手元の時計では3時間ちょうど。
この先、極端にペースが落ちたり、深刻なメカトラに見舞われない限り、第3CPまでクリアできる可能性が高くなってきた。やや気持ちが明るくなる。
(先へ進むほど制限時間が厳しい設定になっており、第1CPでぎりぎりだと第3CPをクリアすることは不可能である。)

第1CPの広場では3分ほど休憩、アミノバイタルゼリーを1パックとパワージェル1袋を摂取して真水で口直し、その後サイコンのセンサーを戻して動作を確認してから、第2CPへ向けて走行再開。

第1CP〜第2CP

細かい上り下りを繰り返してから、ようやくコースで唯一の平坦区間に入る。
今日初めてフロントをアウターに入れ、左側に見下ろす三浦貯水池の透明感ある深い青色と周囲の緑が組み合わさったやや幻想的な景色の中を、時速30km/hぐらいで気持ちよく巡航。

その平坦区間もあっという間に終わり、ほとんど舗装されてはいるが相当に急な坂が登場。あわててフロントをローに落とし、リアは軽い方2枚ぐらいで少しずつ上っていく。
55kmあたりから少し下り、その後第2CP近くまで続く長い上りに突入。ここではまたほとんどインナーローに釘付け状態。
60kmという表示を目にしたとき、「あー、42kmだったらもうとっくに終わってたな」と少しだけ後悔する。

この辺りで、チェーンからキリキリ音がし始める。それまで何度も水溜まりに突っ込んでおり、そろそろ付着した泥が乾いてきたようだ。
サックすると面倒なことになるので、変速操作をより丁寧にしながら、落ち着いて第2CPまで進む。

短い上り下りを経て、ようやく第2CP到着。
第2CPは第1CPのように広場にはなっていないので、コースの端に寄って停車。
ここでもアミノバイタルゼリーを1パックとパワージェル1袋を摂取して真水で口直し。
ウェスで軽くチェーンを拭き取ってからウェットのオイルを差し、走行再開。

第2CP〜第3CP

第3CP直前に長めの下りがあるが、それまでは短い上り下りを繰り返していく。
痛みはないけれども腰が疲れてきたような感触があり、疲れは自覚できたので、時々乗ったまま立ち上がって体を後ろに反らせ、リフレッシュを試みる。
まだガレ度が高く、転ばないまでも、時々ややバランスを崩すようになる。
上りのペースはさらに落ちて6km/h程度になり、降りて押してもあまり変わらないような気もしてくるが、何とか降りずに最高標高点を通過。

途中、天然エイドステーションで真水を汲み、近くの崖から雲をまとった御嶽山が一望できる場所で小休憩。
アイウェアのカラーレンズを上げて見ると、標高が高いせいだろうか、空の青色が深くてかつ透明感がある。
その空、上半分ぐらい木のない御嶽山、自分の近くは石だらけの崖という雰囲気は、映画のジュラシックパークのようでもあり、知っている場所で言えば恐山のようでもある。

この後は長めの下り坂に突入。ここまで特に下りで無駄な力が入っていたようで、両手親指の付け根の皮がむけ、肩と二の腕が張ってきた。
ハンドルを強く握れなくなって、無駄な力が抜けたらしく、下りをスムースにこなせるようになる。初めからそうしていればもっと楽にかつ速く走れたかもしれない。
ここを下り終えると「まもなくチェックポイント」の表示、第3CPが現れた。
この区間で時間はかかったが、脚切り時間にはかなり余裕があったので、まずはひと安心。

補給はハイドレーションのスペシャルドリンクで足りているように思えたこと、水はCPのポリタンクより天然エイドステーションのわき水の方が冷たくて旨いこと、チェーンオイルもまだ持ちそうだったこと、などを総合して、立ち止まらずに通過する。

第3CP〜ゴール

あと2回大きな上りを通過すれば残りは長い下りだけ、と分かっていたが、その2回が非常に辛い。
上りながら自分の行く先を見上げると、山の頂近くまでMTBに乗ったライダーが並んでいて、上のほうの人はほとんど「点」に近い。このビジュアル面でやられてしまう。
ようやく自分が頂上だろうと思っていた地点まで行ってみると、実は峠を巻いてもうひと上りあったりして、期待はずれでまたやられる。

おそらく最後の天然エイドステーションでボトルに1本冷たい水を汲み、半分ほど飲んで呼吸を整えてから、上りの残りを何とかこなす。このあたりは道が少しましになり、やや救われる。

ようやく、ゴール近くまでの長い下りに突入。最初よりは少しは上手く下れるようになってきたのか、上手な人たちはみな先に行ってしまったせいか、たまにハードテイルのライダーをパスする。
あとは転ばないようにスピードを適度にセーブ。それでも、チラっと見たメーターには45km/hと出ている。

長い最後の下りはあっという間に終わり、平坦基調をフロントミドル〜アウターで走り続けると、「まもなくゴール」の表示が目に入る。
ゴールするときはゼッケン番号ぐらいアナウンスしてもらえるかと思いきや、女子のトップが後ろからものすごい勢いで迫り、ほぼ同時にゴールしたため、アナウンスは「女子のトップが来たぞ!」という話だけで、ややがっかりする。

この女子のトップ選手(佐々木さん)、ゼッケンを見ると赤数字で、要するに120kmを走破して100kmしか走っていない自分と同タイム、というわけ。
今回のプラス20kmはかなり厳しい上りが入っていると聞いていたので、その激しい速さに改めて驚く。

ゴール後

ゴール後、ゲートをバックにして

先にゴールないしリタイヤしていた轍屋チームの皆さんと一緒に、まだゴールしていない他の人を待つ。
見ていると、中には後輪をパンクさせたまま走ってくる人や(たぶんホイールはもうダメでしょう)、高速で転倒したのか服がぼろぼろになっている人もいる。
自分も含めてほとんどの人は、ゴール後は笑顔で仲間と語らっている。きっと自分だけでなく他の人もかなりの達成感を感じているのだろう。

ゴール後1時間近く経って、疲れで立っているのがきつくなり、他の人に断って先に松原スポーツ公園へ戻る。
これも4kmほどあり、冷えて緊張感が切れた体にはやや辛い自走であった。
その後は轍屋チームと一緒に宿に戻って風呂に入り、一休みしてゆっくり出発。

帰路は権兵衛トンネルを抜けて伊那ICから高速へ。途中で頭が痛くなりかつたまらなく眠くなってきた。身の危険を感じて諏訪湖SAに入る。
ここで軽く食事し、ポカリスウェットを飲んで30分ほど仮眠したら、かなりスッキリ。
山梨県内では雨が激しくなり、最高速度50km/h制限に。ただ、遅く出て休憩でさらに遅くなったことが結果的には幸いしたとも言え、渋滞にはまらずに済む。

深夜0時近くに自宅到着。
汚れたMTBの掃除もせず、翌朝6時半に娘に起こされるまで、泥のように眠る。