自転車がちょうどいい

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝 無謀にも初参加で100kmにエントリーしてしまった顛末記

その3 振り返って

リザルトと感想

公式ページによると...
総合記録 7:41:41 273位 (出走者 778名、完走者 594名)
CP1まで 3:00:35 311位
CP1-2 2:14:02 243位
CP2-3 1:21:32 370位
CP3-GOAL 1:05:32 236位

CP1までとCP2-3でかなり時間が掛かっている。
スタート後に渋滞にはまって自分のペースで走れなかった点、CP2直後の上り3回でかなり速度が低下した点をよく反映している。

とりあえず、パンク・メカトラ・転倒がなく目標どおり完走できたので、記録や順位はともかく充分成功と言ってよいと思う。
一定レベル以上の人にとって王滝の位置づけは「レース」だろう。
しかし自分にとっては、見ず知らずの周りの人たちと走行中や水場で励まし合ったりしながら、厳しい条件を乗り越えてゴールを目指して進む、というあたりがとっても「アドベンチャー」で、気分は“リポビタンD”のCMであった。

反省

練習:
MTBの準備をもう少し早めにして、オフロードの練習を充実できればなおよかった。
また、梅雨の時期の乗り込み不足解消には、やはりローラー台の使用が現実的か?

移動:
前日家を早めに出たのは正解、やや早く着きすぎたが、あと2時間ほど遅く出ていたら渋滞で到着が4時以降になってしまった可能性大。
帰りの出発が遅めだったのも正解、止まってしまうほどの混雑には遭わずに帰ってこられてよかった。

機材:
4インチトラベルのフルサスMTBを新調したのは正解で、順調に距離を重ねて無難に完走できたのはひとえに機材のおかげ。
まず、上りで安定してトラクションがかかるのが有り難かった。
下りでは軽く座った(というかサドルを太ももで挟むような感じ)姿勢でも走れたし、立ってもコントロールが容易で疲れない。
自分のスキルでは、ハードテイルなら振動で膝をやられたかもしれない。

タイヤ:
王滝の路面に向いていたと思われ、経験不足の自分でも困ることはなかった。
ただ、パンクを避けたいと思って、エア圧を自分の好みであるF2.0・R2.2からF2.4・R2.6に上げた。このためか、下りではややフロントが跳ねる感じがした。今後はどこかで折り合いをつけられそう。

下りで鋭角な石を踏んで「しまった!」と思う瞬間が3回ぐらいあり、それでもパンクしなかったのは、体重の軽さと幸運のたまものだろう。
道ばたでパンク修理している人は、数えたわけではないが50人以上は見たと思う。

また、轍屋チームでチューブレスタイヤにノーチューブを処理している人がいて、特にピンホール的なパンクにはかなり効果があるとの話。
これは一晩ではできないのでマネはできなかったが、エア圧を低めにしたい自分としては試してみる価値がある。

朝食、補給食:
自分は食べないと力が出ないタイプで、朝からガッツリ食べたのは正解。
トップテン入りのスペシャルドリンクは、ホースで飲み続けるだけである程度水分とカロリーを摂れる点ではよかったが、味が大甘で旨くはなかったし、濃度が濃すぎたのかややのどが渇くこともあった。半分成功?
次回はハイドレーションの中身を水+CCDだけにして、トップテンないしパワージェルを小型ボトルに詰め替えて携帯しようと思う。
固形物は少なくともオフロードを走りながら食べることはできないし、休憩でも喉を通らないことが予想できたので持たなかった。やや重くなるとは思うが、アミノバイタルゼリーで正解。(ヴァームより味がずっと好みだし。)

水分補給:
帰りの車の中で頭痛がした。これはたぶん軽い脱水症状。本番中は手持ちとわき水で水分を充分に補給したつもりだったが、晴れてかなり暑くなり、やや量が不足したと思われる。

他の携行品など
泥よけ:
前後とも装着して正解。特に後ろはフラップをサドルに差し込む方式が優れており、「尻を濡らさない」という最大の目的を充分に達することができた。
シートポストに付けるタイプは多く目にしたが、振動でずれてしまっている人が多かった。

養生テープ:
貼らなかったシートポストのサドルバッグを留めた部分で塗装が薄くなってしまったのを見ると、フレームのワイヤーがあたる部分やトライバッグ(TOPEAK)を付けた部分を保護したのは正解。
ただ、どうせなら、シートポストとシートチューブの境目にもきっちり巻いて、防水すべきであった。
(後で見たら、少量だが泥水が浸入しており、抜くときにガリガリ音がした。)

サドルバッグ:
途中で取れてしまった人を数人見た。振動でプラスチックの取付部品が破損したり、ベルクロが切れたりしたようだ。
自分のもサドルへの固定をプラスチックの部品でするタイプなので、タイラップで補強しておいた。脱落は起こらなかったが、補強のせいかは不明。

ルブリカント:
いつもは同じフィニッシュラインのドライタイプを使用しているが、今回初めてウェットタイプを使用。全部ウェットタイプで走ったので、ドライから変えた効果は何とも言えない。
ただ、泥をかぶりまくっても60km持ったということで、ウェットタイプの信頼性は確認できた。

雨具:
今回はモンベルのレインウェア上下を持参、結果的にはスタート後は一度も使わなかったので600gの重しを背負ったことにはなるが、まあよしとする。
時期を考えると、轍屋チームの何人かがやっていたように、コンビニカッパの袖や背中を切りとってベストを作るのがいいかもしれない。
また、ドイターのリュック内蔵のベストを取って持ってくるといい、というアドバイスも頂いた。次回ぜひ参考にしたい。

デジカメ:
今回の最大の失策は、デジカメの電池切れであった。
雨を想定して、ダメになっても惜しくない古いデジカメを持ってきたことを後悔。
電池を充電したら20〜30枚は撮れるだろう、と軽く考えてしまったのが敗因。

今後に向けて

非常に人気があるので来年受付されるかどうかも分からないが、もしまた出られたら、(1)自己記録更新を狙う (2)サイクリングに徹する のどちらかにすると思う。まだ決めていない。

(1)の場合...
  • 上りで他人を抜けるように強化練習(重いギアを踏む、インターバルなど)
  • 下りの練習を多めに(里山やガレ道の実走)
  • 携行品は軽量化(雨具・ハイドレーション・デジカメ等は持たない)
(2)の場合...
  • 今年同様、通勤プラス最低限のスタミナ練習
  • 景色堪能と写真撮影に時間を掛け、思い出づくり重視(^^)
他に、どこまできつい機材で完走できるか?という別な角度からのアプローチもありかと思う。今回実際に目にしたライダーで言うと...
  • ハードテイルとVブレーキ ・・・これは結構見かけた。タイヤをやや太めにして、ブレーキシューの予備を持てばできるかも。
  • シクロクロス、ツーリング車 ・・・ドロハンでサスなしは特に下りが辛そう。下りが苦手な自分でも道を譲られたほど。
  • フルリジッドとシングルギア ・・・上りでダンシングしながら自分を抜いていったライダー1人。自分ならかなりギアを軽くしなければ上りで押しが入ってしまうので、無理。